韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米国からレーダー技術を移転してもらえなかった韓国、自ら製作へ

米国からレーダー技術を移転してもらえなかった韓国、自ら製作へ

2019年5月30日、韓国・ヘラルド経済は、「韓国軍、『わえわれの手で戦闘機レーダー製作』と決断…『不可能はない』」との見出しで報じた。 記事によると、韓国防衛事業庁は、韓国軍と国内の軍需企業が協力・開発中の韓国型戦闘機「KF‐X」搭載用のAESAレーダーの試作品が製作可能な段階であるとの結論を下した。初の試製品は、早ければ来年後半に出庫する見通しという。

AESAレーダーは、戦闘機が空中起動中に数十~数百個の陸海空標的物をリアルタイムで探知追跡できる最先端レーダー。このレーダーを製作できるのは世界でも少数の軍事強国だけとされている。

韓国軍は当初、自国制作は考えておらず、米ロッキード・マーティン社からの「F‐35を購入すればAESAレーダー技術を移転する」という条件を飲み、7兆4000億ウォン(約6750億円)もの巨額を出してF‐35を40機購入した。しかしその後、米政府当局がAESAレーダー技術の移転に反対していた。これについて記事は「韓国が国際的に大恥をかいた」と伝えている。

スポンサードリンク
韓国型戦闘機の開発に暗雲が立ち込める中、国防科学研究所、ハンファシステムなどが軍民合同でAESAレーダーを自ら作ると宣言した。これについて、記事では「韓国軍特有の挑戦精神が発動した」と表現している。技術移転という形ではないものの、欧州メーカーに技術諮問を求めるなど、欧州の軍需メーカーと極秘裏に接触していたという。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国と日本は2014年と2012年に空軍の次世代主力戦闘機としてロッキードマーチンのF35を選定している。韓国は米国ロッキードマーチンからF35を40機輸入することに決め、1機あたりの購入価格は1211億ウォン(約106億円)とした。だがこの価格にはF35に適用される核心技術の移転が入っていない。従って今始まったことではない。戦闘機の値段を値切りすぎたという事だ。

一方の日本は2017年にまず4機を導入した後に追加で計42機まで購入する契約を結んている。導入する4機の1機あたりの平均価格は約1417億ウォン。代わりに日本は米国からF35に搭載されるレーダーなどの核心技術移転実施で合意したわけで、当初の計画通りに進んでいるという事だ。

関連記事

[ 2019年06月04日 08:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
そら信用できない相手に核心技術は渡せないですよ!
[ 2019/06/04 09:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp