韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  国産テスラ「Model 3」の予約開始!価格は525万円

国産テスラ「Model 3」の予約開始!価格は525万円

米電気自動車(EV)大手のテスラ社は5月31日、中国上海の「ギガファクトリー」で「Model 3」の標準モデル「スタンダードレンジプラス」の生産を開始する予定であることを発表してその車両予約を正式に開始し、同日から消費者はテスラ中国の公式サイトにアクセスするかテスラ直営体験センターに足を運んで、問い合わせや予約をすることが可能となった。テスラ中国製「Model 3」標準モデル「スタンダードレンジプラス」の航続距離は460キロ(NEDC推定値)、販売価格は32万8000元(約524万8000円)で、納車時期は6-10カ月後の予定だという。

現在、テスラ中国の公式サイトにアクセスすると、「Model 3」の画面ですでに予約が可能となっている。公式サイトによると、「Model 3」標準モデル「スタンダードレンジプラス」はテスラ中国製の販売価格が32万8000元、輸入車の販売価格が37万7000元(約603万2000円)となっている。パーツの違いにより、「Model 3」の最高スペックモデルである「パフォーマンス」は52万2000元(約835万2000円)となっており、納車時期は6-10カ月後と表示されている。

スポンサードリンク
「Model 3」の最大の特徴の一つは、従来の自動車に装備されている計器パネルや一部ボタン、スイッチを取り払い、さらには空調の送風口すらコンシールド式設計を採用していることだが、この点はテスラ中国製の「Model 3」も同様となっている。今年4月現在で、テスラ上海工場は杭打ち基礎施工が完了し、工場棟の鉄骨構造組み立て作業が開始されている。5月には関連工事建設がほぼ完了し、生産設備が正式に搬入・据付の予定で、年末には一部の生産ラインで量産が実現する見通しとなっている。
https://www.recordchina.co.jp/

テスラの電気自動車(EV)「モデル3」の受注が、ついに日本でも5月31日から始まった。イーロン・マスクが「手の届く」EVと謳うモデルの国内価格は、RWD(後輪駆動)の「スタンダードレンジ プラス」が511万円、デュアルモーターによるAWD(四輪駆動)の「パフォーマンス」が655万2,000円からとなっている。シートに座ると目の前にステアリングと「iPad」のような画面だけがある様子は、いまの自動車が実現しうる「究極のミニマリズム」との事だ。また驚くべきは、装備のあらゆる設定と操作がディスプレイでのタッチ操作になっている事だ。

自動運転技術は2020年にかけて「レヴェル3」へと移行する。すでに自動車メーカー各社がレヴェル3への移行に向けて動き始めており、必要なセンサー類を搭載済みのテスラ車は、ソフトウェアアップデートでいち早く対応することになる。

関連記事

[ 2019年06月04日 08:59 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp