韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国1-3月期成長率マイナス0.4%に下方修正

韓国1-3月期成長率マイナス0.4%に下方修正

1-3月期の経済成長率は前四半期比マイナス0.4%となった。 韓国銀行が4日に発表した「2019年1-3月期国民所得」によると、1-3月期の国内総生産(GDP)は455兆810億ウォン(季節調整系列)となった。

実質GDP増加率は前期比マイナス0.4%で、4月に発表された速報値のマイナス0.3%より0.1ポイント下がった。前年同期比の増加率は1.7%だ。 速報値より下方修正されたのは3月の経済活動資料が追加で反映された結果だ。建設投資と総輸出はさらに振るわず、設備投資はそれほど不振ではなかったものと現れた。

韓国銀行は別途の説明資料で「国民経済計算の基準年改編結果も反映し過去時系列がすべて調整されたので速報値に比べた修正水準に大きな意味は付与しがたい」とした。

スポンサードリンク
前期比マイナス0.4%の成長は2008年10-12月期のマイナス3.2%以降41四半期ぶりの最低値だ。成長率を産業別にみると、農林漁業が4.7%、製造業がマイナス3.3%、建設業がマイナス1.0%、サービス業が0.8%だ。
https://japanese.joins.com/

朝鮮日報では、経常収支が赤字転落かと報じていたが、内需縮小を上回る所得の低下となる。 国民所得の減少となる経済の劣化による悪い経常赤字は、デフレの時の日本でたまに見られた現象だ。内需の劣化による経常収支の黒字は悪い黒字で、韓国に当てはまるが、更に所得の劣化が内需の劣化を上回るというのは最悪となる。どうやらこのレベルに相当するわけで、韓国経済はかなり悪い。

現在1ドルが1180ウォンとややウォン高傾向に戻したが、数値だけ見ればウォン安である。危険水域の1200ウォンすれすれで推移しているというのももどかしい、

関連記事

[ 2019年06月04日 12:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp