韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  日朝首脳会談の障害 金正恩氏から請求される「面会料」

日朝首脳会談の障害 金正恩氏から請求される「面会料」

安倍首相が7月に電撃訪朝する--。“令和初の来賓”として来日したトランプ米大統領の帰国後、政府内でそんな見方が急浮上している。 トランプ氏は過密日程の中で拉致被害者家族15人と迎賓館で面会し、横田めぐみさんの母・早紀江さんに、「(めぐみさんと)きっと会えるよ」と語った。その直後に行なわれた共同記者会見で首脳2人は息の合ったところを見せた。

安倍首相が「次は私自身が金正恩委員長と条件を付けずに会い、虚心坦懐に話をしたい」と日朝首脳会談への意欲を語ると、トランプ氏も、「拉致問題が首相にとって最優先課題なのはわかっている。米国は拉致被害者を帰国させるための日本の努力を支援する」と応じた。 いまや安倍首相と金正恩氏は、「トランプ氏が世界でたった2人だけツイッターに悪口を書かない指導者」と言われるほど“信頼”を置かれている。そのトランプ氏に「金正恩との仲介の労を執る」と言われては安倍首相も退けなくなった。

だが、日朝間には首脳会談の障害となる案件がある。

スポンサードリンク
2004年に行なわれた日朝首脳会談の際、当時の小泉純一郎首相は、先に帰国していた拉致被害者の蓮池夫妻と地村夫妻の子供たち5人を帰国させるかわりに、日本側は北朝鮮にコメ25万トンと医薬品の人道支援を約束した。だが、その後の関係悪化で支援物資は半分だけ送られ、残りは現在も日本国内の倉庫に保管されているとされる。日本外交筋の話だ。
http://www.zakzak.co.jp/

北朝鮮がトランプと首脳会談を今後も望むならば、金正恩は日本に歩み寄る。だが拉致被害者の解決につながるかは別問題となる。制裁で自国維持が厳しくなるほどに、安倍首相との会談確率は上昇する。しかし裏での取引が順調であるほどに、北朝鮮は反発を続けるだろう。そういう意味ではしっかりと瀬取りを止め、制裁で追いつめる必要がある。そのためには裏で制裁緩和する韓国は邪魔となる。

北朝鮮は核を放棄しないだろう。弾道ミサイルも持ち続けるだろう。そんな中で、自国防衛と日米の安全確保と引き換えに、制裁緩和をネタに日本に歩み寄るはず。 だがバックのロシアや中国、韓国その他の支援国と裏貿易が継続していると、思惑は外れる。そういう事も考慮し北朝鮮と、どの様に向き合うのかは、日米首脳も考えておく必要がある。

関連記事

[ 2019年06月05日 16:18 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
拉致問題は一枚のカード
北朝鮮が安倍首相を迎える条件として、名目は
何にせよ、ぶったくり的な一時金が条件なのか、
北朝鮮はそれほどせこくないのではないか。

金正恩の頭の中にある思考は、いかにして封建的
独裁政権を維持しながら経済開放して外資を
呼び込むか、だろう。トランプとはその相談の
入口までいった。
とにかく、このままで、この格差では北朝鮮と
韓国の統一は不可能だ。

条件闘争になったときに日本側のカードは拉致問題
だろう。
[ 2019/06/05 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp