韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本の批判に韓国が反論「韓国軍の作戦区域内では国際協力活動中」

日本の批判に韓国が反論「韓国軍の作戦区域内では国際協力活動中」

日本政府が、北朝鮮による海上での違法な物資積み替え(瀬取り)を取り締まるための多国籍活動に韓国は参加していない、と明らかにした。日本の外務省は5日(現地時間)、「対北朝鮮海上監視のための多国籍活動に韓国も参加しているか」という米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の質問に、「韓国は参加していない。韓国が監視活動のため航空機や艦船を派遣した記録はない」と答えた。

同放送は「日本の外務省によると、日本・米国・英国・カナダ・フランス・オーストラリア・ニュージーランドの7カ国は、昨年初めから東シナ海とその近海で北朝鮮の制裁回避行為を取り締まっている。日本は参加国の詳細な作戦規模や期間などを同省のウェブサイト上で公開している」と報道した。韓国は日本の外務省が公開した国際協力リストに含まれておらず、7カ国の統合作戦からも外れている。 韓国国防部(省に相当)はこれについて、「韓国軍の作戦区域内では北朝鮮による瀬取りの取り締まり支援作戦や国際協力活動を実施している」と反論した。国防部関係者は「外信が報道した7カ国の多国籍作戦区域は東シナ海とその近海で、韓国軍の作戦区域からは離れている」と述べた。

スポンサードリンク
韓国軍は主に海軍P-3C海上哨戒機などを使って西海(黄海)地域で収集された北朝鮮による瀬取り関連情報を米軍などに提供してきたと言われている。軍の周辺では韓米日3カ国の国防相が今月2日のアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で、「北朝鮮による瀬取りを抑制・防止・根絶するための継続的な国際協力を含め、国連安保理決議を徹底的に履行するという国際社会の公約が重要だ」と合意した後、このような報道が飛び出した背景に注目している。
http://www.chosunonline.com/

米政府が、石炭や油類の瀬取りなど北朝鮮の制裁違反行為に関する情報提供者に最大500万ドル(約59億ウォン)の報奨金を提供するとしている。国務省は、北朝鮮の石炭輸出や原油製品輸入のための海上での瀬取り行為に関する情報提供に優先順位を置いている。特に、「北朝鮮の不法海上行為を阻止しよう」と題する懸賞金ポスターを英語と中国語で作成し、中国の海洋業従事者の通報を呼びかけている。

また日本海や東シナ海などを中心に、北朝鮮制裁を逃れる目的で横行している瀬取りを、今後、日本は米英豪加などの国際社会と連携して、こうした瀬取りの監視活動を強化することが期待されている。韓国の瀬取りは、「米軍機以外の軍用機に対し、韓国軍艦から3海里以内に近付いたら火器管制レーダーを照射する」という異常な基準で、より怪しくなったわけで、嘘に嘘を重ねるほどに首が絞まる。

関連記事

[ 2019年06月07日 09:17 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
相手が…
韓国軍の作戦区域内では国際協力活動中 ➔ 相手は北朝鮮だけど…
[ 2019/06/07 21:36 ] [ 編集 ]
半島利権
今の朝鮮半島は兄貴が泥棒、弟が警察官という兄弟が
同居しているようなもので、それぞれ友達がいるのだが、
どの友達ともまともな会話は成り立たない。

そんな韓国と組もうという日本政府、自衛隊はおめでたい。
こと朝鮮半島について、日米同盟はだんだん漫才のような
できプレイになりつつある、やっぱ、日米共同で半島利権の
独占を狙うのだろうか。
[ 2019/06/07 23:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp