韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  最悪の韓日関係でも日本車は販売好調

最悪の韓日関係でも日本車は販売好調

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、5月の輸入車新規登録台数(1万9548台)は前年同月に比べ16.7%減少した。今年1-5月の輸入車販売(8万9928台)も前年同期(11万6798台)比23%減となった。今年の月別輸入車販売台数は5カ月連続で2万台を下回っている。昨年の月別平均販売台数は2万1600台だった。

これは韓国国内で最もよく売れているドイツ車の販売減少が最も大きな理由だ。今年(1-5月)のメルセデスベンツ(2万6484台)の販売台数は24%減少し、BMW(1万4674台)も国内での販売が半減(-52%)した。韓国政府の認証が遅れ、フォルクスワーゲンは先月から新車(アルテオン)の納車を再開し、アウディは下半期から新車販売が可能だ。昨年(1-5月)と比較すると、今年1-5月のフォルクスワーゲンの販売台数(1147台)は60%減少し、アウディ(2559台)も31%減少した。ドイツ車が停滞する間、日本車がその空間を埋めている。主要日本車ブランドがメルセデスベンツ、BMWに次いで3-5位を占めた。トヨタの高級ブランドのレクサス(1431台、3位)、トヨタ(1269台、4位)、ホンダ(1210台、5位)の順だ。

スポンサードリンク
同じ期間の販売増加率を見ても日本車の勢いが目立つ。レクサスの今年5月の販売台数は前年同月比40%増となり、ホンダは2倍(95.8%)近く増えた。日本車の武器はハイブリッド車だ。5月に韓国で最もよく売れたハイブリッド車10モデルのうち8モデルが日本車だ。 これで5月の日本車ブランド(4415台)の韓国市場(1万9548台)シェアは22.6%まで上がった。前年同月(3685台、15.7%)と比較すると20%近く販売が増えた。半面、ドイツ車(1万358台)は前年同月比で販売が29.8%減少した。
http://news.livedoor.com/

韓国内の自動車売り上げも、輸入車に押される日々が続く。韓国では最近の韓日外交的葛藤にもかかわらず日本車の購入がむしろ増えている」とし「韓国の消費者はもう車の完成度と商品性で購入を決める成熟した消費者に進化した」と分析したと報じている。韓国人は自国物価上昇の高さから、訪日して日本商品を購入する。日本の物価のほう安いのが理由だ。昨年から訪日韓国人も多い。自国内の自動車販売も、品質・安全性・ハイブリッド車が提供する効率性と、韓国内消費者の信頼は高い。反日政策の韓国政府とは裏腹に、日本に職を求め、日本で商品を購入し、自国輸入車で日本車を求める様では、自国製品による消費活性化は無理なようだ。

関連記事

[ 2019年06月07日 09:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp