韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  折り畳みスマホ発売延期のサムスンにさらなる危機

折り畳みスマホ発売延期のサムスンにさらなる危機

2019年6月6日、韓国・YTNは、韓国のサムスン電子が発売を急きょ延期した折りたたみ式スマートフォン「ギャラクシーフォールド」について、「依然として出荷のめどが立っていない」と伝えた。

記事によると、サムスンは4月26日に米国でギャラクシーフォールドを発売する予定だったが、発売日の4日前に発売延期を発表し「数週間以内に発売日を再発表する」としていた。当時、業界では「野心作の次世代スマホの発売延期で面目を失ったサムスンは、可能な限り早く欠陥を補完して発売するだろう」との見方が強かったという。しかし6週が過ぎても、発売はおろか発売日すら発表されていない。サムスンは「どうせ発売延期を決定したのだから完璧な状態にして発売する」との立場を示しているというが、記事は「発売をだらだら延ばすことへの負担も大きい」とし、「グローバル市場における企業イメージや信頼度の低下につながるため」と指摘している。

スポンサードリンク
また記事は、世界の半導体景気の悪化によりサムスンの今年1~3月期の営業利益が前年同期比60%減少したことや、米中貿易戦争の影響でサムスンの主要取引先である中国の華為のスマホ事業が不安定になり、サムスンへの打撃も懸念されていることに触れ、「サムスンの危機感が高まっている」と懸念している。さらに、トランプ米大統領が国境問題でメキシコに高率の関税を課すと発表したことも「弱り目に祟り目だ」とし、「サムスンは米国に輸出する電化製品をメキシコで生産している」と説明している。
https://www.recordchina.co.jp/

サムスン折り畳みスマホは欠陥では…。設計上の問題では、すぐ対応するのは無理。焦りすぎたのだろう。アブノーマル試験を実施しなかったツケは大きいが、そもそもまだ売れる商品では無い。今後も売れないだろう。 問題は金額となる。現状のハイレベルスマホと同じレベルまで、値段が下がらなければ無理。さらに言えば、付加価値を高めるために、このスマホ専用サービスを見出すことである。ただ売っても売れないわけで、付加価値をつける事で魅力を高める努力を実施してほしいものであるが…。

関連記事

[ 2019年06月07日 12:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp