韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米国は対中貿易で「損をしていない」、商務部が報告書

米国は対中貿易で「損をしていない」、商務部が報告書

商務部(省)は6日に報告書「米国の中米経済貿易協力からの利益獲得状況に関する研究報告」を発表し、両国の経済貿易協力は両国と両国国民に実質的な利益をもたらしており、米国はその中から巨額の利益を得ていると明確に記した。米国の対中貿易赤字は米国が設けた対中輸出管制などの人為的な制約と市場の共同作用の結果であり、産業の競争力、経済構造、貿易政策、米ドルの準備通貨としての地位などさまざまな要因の影響を受けており、米国は「損をしていない」という。人民日報海外版が伝えた。

同報告書によると、「米国は新政権が発足して以来、中米経済貿易協力における互恵・ウィンウィンの本質を顧みることなく、米国は対中貿易で『損をしている』との説を吹聴し、さらには貿易赤字問題を口実にして、経済貿易摩擦を発動したのであり、責任は米国にある」という。 同報告書は、「米国は対中貿易赤字が5000億ドル(1ドルは108.5円)を超えた、米国は『損をしている』と盛んに言い立てるが、このような説は事実に合致しない」と指摘。同報告書によれば、米国の統計における物品貿易の赤字データには事実と異なる部分があり、実際の状況を反映していないという。

スポンサードリンク
また同報告書は、米国の対中貿易赤字が発生した原因を分析して、「米国の対中貿易赤字は歴史的に形成されてきたものであり、市場の作用の結果であり、さまざまな要因の影響を受けている」と指摘。貿易政策の例では、米カーネギー国際平和基金の分析を引用して、「米国の対中輸出管制のレベルを対フランス輸出管制のレベルに調整すれば、対中貿易赤字は3分の1に縮小する」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

中国のGDPはここ20年で10倍以上に増えている。アメリカ側は中国の急激な成長の背景に、『中国は人民元の為替レートを、適正よりも不当に安く操作していた』と主張しているわけで、中国で生産した製品の値段は、人民元が安いと、中国以外の国からすると安くなり、2000年以降、中国は輸出量が一気に増え、莫大なな利益を得ている。

人民元が安いと、中国に住んでいる人からすると、外国の製品が高くなるわけで、国内では外国の製品競争から保護され、中国産業は成長し、国際的な技術力に追いついたことが理由にある。為替レートの操作は、アンフェアとして米国は怒っているわけで、記事にある、米国は対中貿易で「損をしていない」と言う内容とは意味合いが違う。為替レートの操作と、その行為によって得た利益が問題となる。

関連記事

[ 2019年06月07日 18:59 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp