韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の対韓外交カードに利用される習近平訪韓

中国の対韓外交カードに利用される習近平訪韓

韓中が過去1年余りにわたり目指してきた習近平国家主席の訪韓と韓中首脳会談は計画が確定しないままの状況が続いている。青瓦台(韓国大統領府)関係者は6日、最近ささやかれる習主席の6月末訪韓説について、「推進はしているが、何も決まっていない」と語った。外交関係者の間では訪韓が実現するという見方と実現しないという見方が交錯している。

北京の消息筋によると、中国は今年初め、習主席の訪韓を積極的に目指したが、ハノイでの首脳会談決裂で米朝関係が冷え込んだことで、訪韓計画をいったん保留にしたとされる。その後、韓国政府はこう着状態に陥った北朝鮮の核問題を巡る交渉を再開するため、習主席の訪韓を目指し、習主席が今月末に大阪で開かれるG20首脳会議に出席する直前に韓国を訪れるとの観測が浮上した。在韓中国大使館には実際に「習主席の訪韓を準備せよ」とする公文が下りたと伝えられる。ソウルのホテルのVIPルームを予約したとの情報もある。

しかし、米中の対立が貿易紛争を超え、外交・安全保障の領域にまで拡大し、習主席の訪韓は再び難しくなりつつある。

スポンサードリンク
トランプ政権が最近韓国など同盟国に対し、「中国孤立化作戦」への同調を本格的に要求したことで風向きが変わった。
http://www.chosunonline.com/

中央日報は、韓国政府関係者は7日、記者らに会い「習近平中国国家主席は主要20カ国・地域(G20)首脳会議の際に韓国を訪問しない」と明らかにしたと報じている。 習近平主席が今月末に日本の大阪で開催されるG20首脳会議の前後に韓国に訪問するという噂が流れていたが、これについて韓国政府が習近平主席の訪韓計画がないことを確認したという。

米国利下げなどで、米国経済の下振れは、米中貿易にも影響を及ぼすだろう。習近平としては訪韓するよりは注視する重要性が出てきたともいえる。関税爆弾は、米国消費の低迷となる可能性をこのサイトで指摘してきたが、米国経済も必至な状態となってきている。強いドルが、さほど強くは無い状態と化すと言う意味だ。日本の円が買われ、円高に進む可能性が高い。米中貿易においても、現行様々な問題を抱えるが、世界経済の動向を見定めて進める必要が出てきたという事だろう。G20においての動向が優先される。

関連記事

[ 2019年06月08日 09:15 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp