韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮へ本格人道支援に乗り出した文在寅政権 北は冷淡

北朝鮮へ本格人道支援に乗り出した文在寅政権 北は冷淡

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が北朝鮮に対する本格的な人道支援に乗り出した。国連機関の支援事業への資金拠出を決めたほか、大規模な食糧支援に向けて時期や方法を探っている。膠着(こうちゃく)化した米朝非核化交渉や南北対話の再始動の糸口にしたい考えだ。だが、食糧支援の必要性を疑問視する見方も根強く、北朝鮮自体が文政権からの人道支援に冷淡な態度を取り続けている。

文政権は5日、世界食糧計画(WFP)などが北朝鮮で進める児童・妊産婦への栄養・医療支援事業に800万ドル(8億6700万円)を拠出する手続きを終えた。食糧支援についても与党議員が5月末に「政府が近く国際機関を通じて5万トンを支援する予定だ」と述べた。

文大統領は、支援について「人道」や「同胞愛」を強調する一方、滞った米朝交渉の「突破口を開く効果もある」と説明してきた。北朝鮮は2月の米朝首脳会談後、韓国との協議も拒否した状態だが、食糧を直接送るとなると、自然と南北協議の機会が生まれるとの思惑もある。

スポンサードリンク
中国やロシアが既に北朝鮮に食糧支援を行っているのに対し、米国務省は「国連決議は食糧輸入を禁じていない」と強調してきた。足りなければ、他国から買えばいいとの立場だ。ヘイリー前米国連大使は「金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が食糧を受け取れば、節約した資金を核兵器開発に回すだろう」と警告した。
http://www.zakzak.co.jp/

記事では、韓国の専門家らは、WFPが北朝鮮の統計も使っているため、「不足分の水増しがある」とみつつも、ここ10年で最も深刻なのは確かで、少なくとも数十万トンは不足すると分析するとしている。文政権の支援方針は、昨年の北朝鮮の食糧生産を490万トンと推定、136万トンが不足するとしたWFPなどの報告書とは大きな開きがあると伝えている。

数十万トンならば、中国・ロシアの支援で十分だろう。北朝鮮は厳しいと毎年のように報じているが、韓国の様に戦後の崩壊は無い。それだけ打たれ強いという事だ。挙句にミサイル基地建設が進み、核開発も今だ進めているわけで、韓国側の人道支援と言う言葉の裏には様々な思惑がある。北朝鮮にも思惑があり、朝鮮半島の主権は山場を迎えそうだ。特に韓国は今年経済低迷と家計負債は異常値となり、同時に経常収支で見れば、国家破綻レベルが高まる年となる。

関連記事

[ 2019年06月08日 09:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
民族云々の話ではない。
単なる、教祖と信徒。

北から、いくら冷遇されようと、
それは、宗教でいう、「試練」。

甘んじて、全ての冷遇を受け入れながら、さらなる信仰を求める。
[ 2019/06/08 13:37 ] [ 編集 ]
お前に言われたかねえよ
この南北の張り合いは4回戦ボーイの打ち合いの雰囲気で、
米中日は、横で観戦している。
韓国「どうだ、腹が減っているか、コメをやるから食え」
北朝鮮「余計なお世話だ、もう一発単距離を撃ってやろうか」
北から見れば、韓国の役者が元二重スパイの文在寅だから、
文の偽善者プレイが余計に気に入らないだろう。
[ 2019/06/09 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp