韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  耳にはめ込むだけで36ヶ国語を翻訳! 音楽も聴けるワイヤレスイヤホン「Aibuds」

耳にはめ込むだけで36ヶ国語を翻訳! 音楽も聴けるワイヤレスイヤホン「Aibuds」

来年のオリンピックに向けてどんどんグローバル化が進む日本。外国語に苦手意識がある人も多いと思いますが、言葉の壁を乗り越えることはもう難しいことではありません。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Aibuds」は、36ヶ国語に対応したワイヤレスイヤホンタイプの翻訳機。耳にはめ込むだけで、誰とでも母国語で会話を楽しめます。海外出張や会議などのビジネスシーンはもちろん、音楽も聴けるので海外旅行にも最適です!

Aibudsは話しかけるタイプの翻訳機ではなく、イヤホンタイプ。マイクを内蔵しているので、自然な会話の音声を認識して翻訳してくれます。専用アプリで36ヶ国語の中から言語を設定し、会話の相手と一つずつイヤホンを装着して会話をすると、それぞれの発言が聞き手の言語に翻訳されます。

スポンサードリンク
翻訳スピードが速くストレスがない!およそ2秒から4秒で翻訳してくれるので、タイムラグをあまり感じず会話できます。通訳を介すよりも速くてストレスがないかもしれません。 Aibudsの専用ケースには充電機能が搭載されています。スタイリッシュなデザインでコンパクトに収納しながら充電することができます。 連続使用時間はおよそ4時間です。 イヤホン型のAibudsは音楽を聴くときにも使えます。人間工学技術を用いた設計なので耳へのフィット感は抜群です。Bluetooth5.0に対応しています。
http://news.livedoor.com/

2019-06-09-k001.jpg

Google翻訳も、正しい文法と出来るだけ短い日本語でないと、翻訳精度は悪いのが実情。翻訳精度の予測もあやふや。意外と便利そうで、現実は慣れるまで時間を要する。さらに言えば、間違った予測が先行し、修正が必要で翻訳に時間がかかるという難点はいまだ克服されていない。英語が堪能な新興国では、単語の意味程度でしか使わないが、日本語と言う難しさは、翻訳の制度を上げるには、AI技術を駆使する必要があるが、現実はまだまだである。

大きな間違いも多々ある。翻訳は便利ではあるが、相手を傷つけたり、間違いだらけで余計な時間がかかったりと、問題は多い。まして音声となるとさらに難しい。精度を求めるには学習機能の強化のみならず、何を言わんとしているのかと言う判断も求められる。

関連記事

[ 2019年06月09日 09:29 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp