韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人行商人の買い占めがあだに…中国で存在感失う韓国化粧品

中国人行商人の買い占めがあだに…中国で存在感失う韓国化粧品

中国で韓国化粧品の存在感が低下している。ユーロモニターが9日に発表した昨年の中国の生活用品を含む化粧品市場規模とブランド別シェアによると、アモーレパシフィックやLG生活健康など韓国の主要化粧品ブランドは10位圏に入ることができなかった。 アモーレパシフィックの「イニスフリー」が1.1%で17位、ラネージュが0.6%で37位に入り、LG生活健康後は0.5%で46位となった。

「ドフー(后)」のシェアを中国の全化粧品市場に代入すれば売り上げは約3億1000万ドル水準だ。ドフーは昨年単一ブランドとしては韓国で初めて売り上げ2兆ウォンを突破し歴史を新たに書いた。中国の行商人が客の80%を占める市内免税店だけで1兆ウォン以上売れ、習近平国家主席夫人の彭麗媛氏も購入したという。 しかしうわさと違い中国化粧品市場の壁は万里の長城ほどに高かった。ユーロモニターのステファニー・ヤオ中国首席研究員は「Kビューティーはいまさまざまな挑戦に直面している。職人精神に基盤を置いた日本の化粧品は高品質と技術力を基に中国の消費者を攻略している。

スポンサードリンク
(中略) 中国人にとって韓国化粧品は「免税店の企画商品」という認識も作用したとみられる。業界関係者は「雪花秀やドフーが韓国の市内免税店で飛ぶように売れるようになって数年過ぎた。ほとんどが中国人行商人が中国に持ち込んで流通させる。中国人の立場ではあえて中国の百貨店で定価で買う必要はない」と話す。漢陽大学観光学部のイ・ヨンテク教授は「免税店ショッピングがそのままショッピング観光になり韓国製品は免税店で安く買う物と認識された。製品のブランドイメージだけでなく国家ブランドイメージまで損ないかねない脅威要因になっている」と指摘した。
https://japanese.joins.com/

1990年代以降、1.4兆~1.5兆円で推移してきた日本の化粧品の出荷額が、2017年に前年比6.6%増と1.6兆円を超え、過去最高を記録した。好調の背景には、中国における日本製化粧品の需要増がある。2015年から輸出額が急増し、2016年に初めて輸入額を超えた。特に香港、中国などアジアへの輸出の伸びが目立ち、2017年の中国への輸出額が1,065億円と香港を抜いて輸出先首位になった。

今後は、中国において地場の化粧品メーカーや新興ブランド製品を、日本品質で製造することで、成長機会が広がると予想する。処方開発やコンセプト提案など、中国のOEMメーカーが取り組めていないODM領域を拡充することが必要となる。

関連記事

[ 2019年06月10日 08:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp