韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国、サムスン・SKなど呼び「米国の圧迫に協力するな」警告

中国、サムスン・SKなど呼び「米国の圧迫に協力するな」警告

中国が、サムスン電子とSKハイニックスなどの韓国企業を含む主要外国先端企業関係者を呼び、米国の対中国圧迫に加担するなと警告したとニューヨークタイムズが報道した。先月、世界最大の通信装備企業である中国の華為(ファーウェイ)に、米国が事実上の禁輸措置を取ったことに対する反撃だ。中国が一種のブラックリストである「信頼できない企業目録」を作成している中で出てきた行動であり、激化する貿易戦争の中で韓国企業らが米中間で“選択”を強要される境遇に追いつめられている。

ニューヨークタイムズは8日、中国当局が4日と6日に主な先端企業関係者を呼び、中国企業に先端技術とサービスを提供できなくした米国の決定に協力すれば深刻な結果に直面するだろうと警告したと伝えた。これを通報された企業には、マイクロソフトとDELLなどの米国企業、韓国のサムスン電子とSKハイニックス、英国の半導体設計企業ARMが含まれている。 中国側は「安定的企業運営のための標準的多角化戦略水準を超える生産基地移転は、報復対象になるだろう」とも警告したと伝えられた。中国に進出した主要外国企業らが、長期的リスクを避けるために第3国に生産基地を移すだろうという憂慮が高まっていることにともなう措置と見える。

スポンサードリンク
また同紙は、中国側が米国企業とその他企業に分けて異なる警告メッセージを出したと伝えた。米国企業らには「米国が中国企業に対する技術・サービス提供を遮断し、商品・部品の供給網に支障が出ている。米国行政府の政策に従う企業は“永久的な結果”に直面するだろう」と警告したと伝えられた。また「トランプ行政府が政策方向を定めるようにロビーに乗り出せ」と注文したという。
http://japan.hani.co.kr/

10日の東京株式相場は続伸し、日経平均株価は2万1000円台を回復した。米国の利下げ期待の高まりやメキシコへの制裁関税見送りで景気の先行きに楽観的な見方が広がったとの見方だ。FRBが実際に1回目の利下げをすれば景気後退への先行き不安が増幅し、ドルも売られることになる。FRBは利上げには動けないだろう。これから、株が下がるたびに利下げの催促相場が展開される可能性が高い。

貿易戦争について、米中どちらが有利になるとか不利になるとか、様々な報道がなされているが、貿易戦争の末路は共倒れである。貿易戦争に勝者はいないと伝えてきた理由だ。107円76銭を相場が明確に割り込むと相場は早晩節目の105円を試しに行く可能性が出てくる。米中貿易戦争がもたらす結果は厄介だ。早急に線引きし、自己都合な方法を自粛するべく、G20で良き議論をしてほしいものであるが…。

関連記事

[ 2019年06月10日 10:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp