韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「企業が判断すべき問題」…韓国政府は事実上傍観

「企業が判断すべき問題」…韓国政府は事実上傍観

全世界で貿易、技術の覇権争いを繰り広げる米中が韓国に対し、同時に「こっちの味方をしろ」と全面的な圧力を加えてきている。米国の「反華為(ファーウェイ)戦線」への同調を求めるもので、韓国企業は身動きが取れない状況に陥った。それにもかかわらず、韓国政府は「企業が判断すべき問題だ」とし、対応原則も定めないまま、事実上傍観している。

李洛淵(イ・ナギョン)首相が5月30日、遅ればせながら外交部(外務省)に米中関係を担当する特別組織を新設すると表明しただけで、青瓦台(大統領府)は特に動きを見せていない。米中双方の顔色をうかがいながら対応を先送りし、自ら中国の報復を招いた「THAAD問題」が再発しかねないとの懸念が高まっている。

外交関係者とIT業界からは「政府が華為問題などについて、最低限の対応原則やガイドラインを速やかに取りまとめなければ、『第2のTHAAD問題』を防ぐことはできない」との声が上がっている。

スポンサードリンク
韓国政府は2016年のTHAAD問題をめぐる制裁の際にも明確な立場を表明しない「戦略的あいまいさ」の政策を取り、予想を上回る中国の経済報復を招いた。今回も同様の状況が繰り返されそうな雰囲気だ。外交・通商分野の専門家は「韓国政府が明確な原則を定めないまま、企業に責任を転嫁し、毎回臨機応変式に状況を回避しようとすれば、再び板挟みの状態になる」と警告した。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、ニューヨーク・タイムズによると、中国が接触した企業には韓国の2社だけでなく、米マイクロソフト(MS)やデル、英半導体設計ARMなどが含まれると報じている。中国国務院の国家発展改革委員会が主導したもので、商務省、工業情報省の関係者も出席した。中国側は席上、「トランプ政権の中国との取引禁止措置に協力すれば、深刻な結果に直面する」と警告したと伝えている。

今の韓国では大国二つに足をかけて、どちらなのかと問われても答えは無い。中国を切れば、自国民の生活は失われる。米国を切れば自国防衛は無くなる。つまり取るべき道は、”両方を切らない”という手しかない。そのために何をするのか、ファーウェイを排除するが、ファーウェイに部品を調達する。 これしか道はなさそうだが…。 

関連記事

[ 2019年06月10日 12:06 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
無能無策
文在寅政権は外交能力が貧弱だから中国に
やられっぱなしだ。文在寅が訪米でさらした
無能ぶりを見て中国は完全になめてかかって
いる。
この先、まだいろいろ起こるだろう。米国は
韓国の味方をしないだろうと読めるし。
[ 2019/06/12 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp