韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国に「踏み絵」迫る米中…文大統領、G20は地獄!?

韓国に「踏み絵」迫る米中…文大統領、G20は地獄!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、国家の存亡がかかった「踏み絵」を迫られた。米中新冷戦が顕在化するなか、「自由」「民主主義」「人権」「法の支配」という普遍的価値を共有する米国の陣営にとどまるか、共産党一党独裁の中国の陣営に軸足を移すかだ。期限は、大阪で28、29日に開かれるG20(20カ国・地域)首脳会合。こうしたなか、米情報機関は、中国の指示を受け日本国内で機密情報や最先端技術の収集・窃取、世論工作に従事している日本人の政治家や企業人、マスコミ関係者の「ブラックリスト」を作成している。

「韓国は大混乱だ。韓国大統領府は『文大統領は外交の天才』と、必死に国民を洗脳してきた。だが、『無能だ。ウソつきだ』とバレた。ドナルド・トランプ米大統領は文氏が大嫌いだ。韓国を見捨てるつもりだ」 旧知の外務省関係者は、こう語った。衝撃は7日走った。 ハリー・ハリス駐韓米大使は同日、韓国軍事学会と合同参謀大学がソウルで共同主催した「国防・軍事セミナー」の基調演説で、韓国を厳しく批判し、韓国政府に対し、以下の3点を要求したのだ。

(1)米国が同盟国と進めている、中国通信機器最大手「ファーウェイ(華為技術)」排除に賛同せよ。「(中国包囲網と呼ばれる)インド・太平洋戦略」にも参加せよ。

スポンサードリンク
(2)韓国にある、米国企業の公正な競争を妨害する規制を撤廃せよ。 (3)北東アジアの安全保障にとって、米韓日3カ国の関係正常化は欠かせない。韓日の関係悪化は韓国に責任がある。日本との関係を回復せよ。 この3要求は、いわば先の日米開戦1カ月前の1941年11月、「この条件を飲んで全面降伏しろ、さもなくば戦争だ」と、米国が日本に突き付けた最後通告「ハル・ノート」の現代版ではないか。
http://www.zakzak.co.jp/

日本が初の議長国を務める主要20カ国・地域(G20)の貿易・デジタル経済相会合が8日、茨城県つくば市で開幕した。自由貿易の推進に向けた世界貿易機関(WTO)改革や、国境をまたいでデータをやりとりする際のルール作りなどについて2日間にわたり議論している。米中貿易戦争においても、中国は高い貯蓄率を利用して投資し、そこから生まれた製品が輸出に回るのに対し、米国は消費率が高い事で経常収支の所得よりも内需拡大が大きく勝ることで、結果的に米国は赤字になる。従って、米中間の貿易不均衡は関税引き上げや為替操作では解決しない。

中国は補助金を止め、知的財産を保護し、技術を盗んだり移転を強要したりしないなどの諸点で、約束を撤回し、再交渉を求めた。中国にとって貿易交渉の合意文書に署名するのは大きなリスクとなる。結果米中貿易の与える影響は計り知れない。米国の消費低迷につながり利下げに発展するわけで、トランプ大統領の次期大統領にも関連する。何とも歯がゆい大国市場の問題となる。貿易戦争に勝者は無い。自国経済が悪化しても尚且つ貿易戦争が激化するのでは困るわけで、G20の首脳はどう見極めるのかが大きな関心事となる。従って、韓国文大統領は蚊帳の外となる。

関連記事

[ 2019年06月11日 09:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp