韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「1ドル=7元」突破するか…ドル高人民元安にベッティングする投資家

「1ドル=7元」突破するか…ドル高人民元安にベッティングする投資家

米中貿易対立の谷間が深まり大手銀行の人民元預金が今年に入り13億元近く減ったことがわかった。ドル建て預金はこの2カ月間で12億ドルほど急増した。両国間の貿易紛争が「為替戦争」に拡大する兆しを見せる中で「ドル高人民元安」にベッティングする投資家が増えているものと分析される。

10日の銀行界によると、新韓銀行、国民銀行、ウリィ銀行、KEBハナ銀行、農協銀行の大手銀行5行の5月末の人民元建て預金残高は定期預金と普通預金合わせ51億7683万元(約811億円)となった。昨年11月の64億6857万元から20%ほど減少した。6カ月で13億元近くが抜け出た。ドル建て預金残高は3月の347億1897万ドル(約3兆7679億円)から先月末には358億9041万ドルに増えた。2カ月で12億ドル近く増加した。

都市銀行関係者は「人民元建て預金の金利の方が高いのにドル建て預金に需要が集まるのは金融消費者がドル高の可能性を高いとみているという意味」と話した。都市銀行の人民元建て預金の金利は最高年2%台半ばで、ドル建て預金金利の年1%台後半より0.5ポイント以上高い。

スポンサードリンク
米中貿易紛争で触発された通貨価値の変動性が「外貨大移動」をあおっているというのが金融圏の分析だ。人民元相場は昨年12月の米中首脳会談以降に緩やかな下降線を見せていたが最近は貿易対立が激しくなり短期急騰して1ドル=7元台に迫った。人民元の価値がそれだけ下がったという意味だ。人民元相場が1ドル=7元を超えれば2008年金融危機以降10年以上ぶりだ。
https://japanese.joins.com/

トランプ大統領は7日遅くに対メキシコ関税の発動見送り決定を明らかにした。5月の米雇用統計が予想外の弱い数字となったことで、年内利下げの可能性が高まった。トランプ大統領は、あくまで米国の「貿易赤字の数字」であり、これが改善しないと、強硬な態度を取る可能性がある。

だが、米国の赤字は構造的な問題で、通商交渉が決着後も、実際に貿易赤字に改善が見えなければ、米国が「為替レートの問題」まで踏み込んで来る可能性が高い。6月も具体的に改善が見えないと、ドル安につながるリスクは考慮しておく必要がある。

関連記事

[ 2019年06月11日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp