韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ファーウェイ事態は諸刃の剣…サムスンが対応戦略の準備へ

ファーウェイ事態は諸刃の剣…サムスンが対応戦略の準備へ

ファーウェイ(華為技術)をめぐり米中間の冷戦が本格化する中、特に両国と緊密な供給体系を構築しているサムスン電子やSKハイニックス、そして韓国国内の情報技術(IT)企業が頭を悩ませている。

サムスン電子は13日からスマートフォンを担当するIT・モバイル(IM)部門をはじめ、半導体ディスプレー(DS)など各部門別に相次いでグローバル戦略会議を開く。サムスン電子のグローバル戦略会議は年に2回、6月と12月に開かれるが、今回の会議では米中貿易紛争やファーウェイ事態に関連する戦略が集中的に議論される予定だ。米外交専門誌ディプロマットやニューヨークタイムズはこうした状況の中、「韓国企業に短期的に良い機会になるかもしれないが、長期的には負担になる」という分析を出している。

ファーウェイは5G(世代)移動通信装備とスマートフォン市場でサムスン電子の直接的なライバルだ。ファーウェイをめぐり世界が二分化している中、国際通信事業者団体GSMAは10日、ファーウェイの5G装備排除が5Gの導入自体を遅らせる可能性があるという見方を示した。

スポンサードリンク
特にGSMAは「欧州の場合、ファーウェイの5G装備を使用しなければ5G構築費用が約550億ユーロ(約6兆8000億円)増える」と分析した。ファーウェイが5G装備の技術力でライバルを上回り、相対的に価格は安いためという理由だ。GSMAは「5G構築費用が増加すれば5Gの導入が遅れ、スマートフォン市場の競争にもマイナスの影響が生じる」と分析した。
https://japanese.joins.com/

今のサムスンにそこまで考えている余裕はない。フッ化水素の製造は、日本企業が日本と中国内工場で生産しているわけで、フッ化水素も一部止められているならば、その調達で必至なはず。原材料は中国の蛍石から作られる。高純度の蛍石結晶は、紫外線から可視光線、赤外線まで幅広い波長の光(130nmから8μm)を透過することから、光学材料としてレンズや窓板等、多様な用途にも使用されている。使用用途は幅広い。

韓国のメモリ半導体企業となるサムスンとSKハイニックスにとっての脅威は、5G環境云々よりも切羽詰まった問題となる。5G環境については前記事に掲載したが、特にサムスンは米国に従うしかない。現状は韓国5G環境下をトランプが語っているわけで、中国への部品供給までは言及していない。だが現段階での日韓貿易で、日本が5G関連部品の供給を止めれば、韓国企業にも影響が及ぶ。フッ化水素と5G関連部品は日本企業の部品が多いわけで、カギは日本となる。

関連記事

[ 2019年06月12日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp