韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日本人の対韓好感度が下落 韓国人の対日好感度は上昇続く

日本人の対韓好感度が下落 韓国人の対日好感度は上昇続く

韓国民間シンクタンク、東アジア研究院(EAI)と日本の民間非営利団体「言論NPO」が12日発表した共同調査の結果によると、韓国人の日本に対する好感度が上昇した半面、日本人の韓国に対する好感度は下落したことが分かった。
 
今回の調査で、日本人に対する印象が「良い」と答えた韓国人は31.7%と、前年の28.3%に比べ3.4ポイント増加した。一方、韓国に対する印象が「良い」と答えた日本人は20.0%で、前年の22.9%から2.9ポイント減少した。 このような傾向は2013年の第1回調査から続いており、韓国人の日本に対する好感度は6年間で19.5ポイント上昇したが、日本人の韓国に対する好感度は同期間に11.1ポイント下落した。

歴史問題で解決すべき課題(複数回答)は、韓国人の70.2%が「慰安婦問題」、日本人の55.9%が「日本と歴史問題に対する韓国人の過度な反日行動」と答えた。

スポンサードリンク
相手国の首脳に対して肯定的な印象を持っていると答えた人は韓国人の3.0%、日本人の2.8%にとどまり、否定的な印象を持っているとした回答者は韓国人の79.3%、日本人の50.8%に上った。
http://www.chosunonline.com/

最近では韓国経済・社会のニュースが多くなってきたが、個人的な印象では、まだまだ韓国に興味関心が薄いと感じる。日本に近い国でありながらも、レーダー照射問題で敵国視している韓国は、意外とまだ無関心と言う側面がある。K-POPが先行し、韓国ドラマが日本で流行った事もあり。どうもその印象が強い。 インドネシアの友人に、日韓問題を聞くと、全く関心が無く、知らない人が多いという。東アジアではまさに日韓だけで騒いでいる状態と化している。インドネシアも韓国ドラマやK-POPの印象が強く、また化粧品や美容整形にスマホにTVと、韓国企業製品が多いことが掲げられる。日本ではアニメ文化は世界一だが、それ以外ではまだまだ印象が薄い。

日本国内でも、やっとレーダー照射問題を含めた卑劣な国との印象が拡散し始めてはいるが、まだまだ限定的であり、東アジアにおいては、日本アニメ以外、全く知る余地もない。こういう現状が韓国政府の傲慢な態度を拡大しているわけで、日本政府はもっと世界に広く拡散させる努力が必要である。

関連記事

[ 2019年06月13日 09:22 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp