韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、5月の失業者114万人で過去最多

韓国、5月の失業者114万人で過去最多

先月失業者が114万人を超え5月基準としては過去最多を記録した。経済の「屋台骨」である40代と製造業の雇用は14カ月連続でともに減少した。

12日に統計庁が発表した「5月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2732万2000人で1年前より25万9000人増えた。2月に26万3000人、3月に25万7000人だった就業者増加幅は4月には17万1000人と停滞したが、先月は再び20万人台を回復した。政府の財政投入などにより60代以上の就業者が35万人増えたのが主要背景だ。

40代の雇用は17万7000人減り43カ月連続で減少傾向が持続した。この12カ月間は毎月10万人以上の雇用が減っている。製造業就業者も14カ月連続で減少した。労働時間帯別の就業者を見れば雇用の質がさらに悪化しているという評価が出ている。1週間当たり平均労働時間36時間以上の労働者は前年同月より38万人減ったのに対し、15時間未満の超短期労働者は29万人増えた。

スポンサードリンク
先月の15~64歳の雇用率(OECD比較基準)は67.1%で、昨年5月より0.1ポイント上昇した。1989年に関連統計を作成し始めてから5月基準としては過去最高だ。だが統計上の指標改善にすぎず雇用市場自体が改善したと判断するには無理があるという指摘が優勢だ。特に60代以上の就業者が35万人増えたのに対し経済の屋台骨である30~40代の雇用と製造業就業者が持続的に減っており雇用の質はさらに悪化したという評価が出ている。
https://japanese.joins.com/

訪日韓国人の間で特に人気の高い消費が「温泉」。「ヒーリング」という言葉が2-3年前に韓国で大流行し、当時から急速に高まっていた海外旅行への興味とヒーリング人気が合い重なり、日本の地方の温泉地・温泉旅館に泊まる韓国人が九州地方を中心に、過去数年で急激に増えている。一人当たりの消費額が比較的低いと言われる訪日韓国人だが、温泉旅館に泊まる多くの韓国人旅行者層(30-40代女性)は、都市部へ訪れる若い韓国人旅行者層より、高額所得者が3割〜7割多いといわれる。

今年の訪日韓国人の状況を見ても、まだ韓国経済・社会には余裕がある。高い失業率とはいえ、日本は政府とともに訪日韓国人の旅行と就職と言う側面を利用している様だ。これでは韓国制裁はおろか、訪日韓国人数を優先しているとしか思えない。あくまで両国の政府間であり、韓国企業制裁は最後の手段としている様だ。

関連記事

[ 2019年06月13日 09:35 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
ワークシェア
短時間雇用される高齢者(60歳以上)が増えたようで、
いわゆる、ワークシェアリングアリング、
労働需要が伸びないから皆で仕事を分け合う、
これは文在寅政権の労働政策。

韓国版「働き方改革」スタート 労働時間、大幅短縮
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32659590V00C18A7FF2000/
[ 2019/06/13 12:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp