韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国KOSPI、取引時間中1%台下落で2100線下回る…半導体株の落ち幅大

韓国KOSPI、取引時間中1%台下落で2100線下回る…半導体株の落ち幅大

KOSPI(韓国総合株価指数)が取引中2100線を下回った。サムスン電子及びSKハイニックスなど時価総額上位の半導体株が株式市場下落を主導した。 13日午後1時20分現在、KOSPI指数は前日より15.34ポイント(0.73%)下がった2093.41で取引されている。KOSPI指数は午前中一時前日比1.27%下がった2081.92まで下がった。

外国人は2日連続で売り続けている。同日午後1時20分現在、1811億ウォン(約165億円)の売り越しを記録している。 同日小幅上昇でスタートしたKOSDAQ(コスダック)指数は混線を見せている。午前11時頃に下落転換したKOSDAQ指数は午後1時20分現在、前日より0.63ポイント(0.09%)上がった724.95で取引している。 同日のKOSPI市場ではサムスン電子(-1.91%)やSKハイニックス(-3.35%)などの半導体株の下落が目立った。

キウム証券のソ・サンヨウン研究員は「前日のニューヨーク株式市場ではグローバル半導体市場の回復が遅れる可能性があるという見通しが出た」とし、「韓国証券市場で関連銘柄の投資心理に負担を与えている」と述べた。

スポンサードリンク
自動車関連株も下落した。現代自動車(-0.35%)をはじめ、現代モービス(-2.02%)と起亜自動車(-0.93%)も下落傾向だ。 バイオ関連株は比較的好調だ。セルトリオン(0.74%)やサムスン・バイオロジクス(1.95%)などは上昇傾向にある。
https://japanese.joins.com/

半導体市場調査会社である仏Yole Développementは、過去2年余り続いたDRAMおよびNANDがもたらした好景気、いわゆるメモリバブルの終焉を踏まえ、反転時機を予測する調査報告書を発行している。2018年第4四半期にはDRAM、NANDともに売り上げが急降下となり、2年あまり続いたメモリバブルは崩壊し、現在は最悪の状態にあるが、2019年後半までにNAND市場は好転し、2020年にはDRAMも好転するとしている。

DRAM市場は、2018年第4四半期に劇的に縮小した。2018年の第4四半期はモバイルとデータセンタの両方で需要が減少したためだ。5Gは、消費者に既存の携帯電話のアップグレードを促す次の大きなきっかけにはなるが数年先となる。DRAM業界の市況が回復するには2020年になる予想だ。一方のNAND市場は需要減少と供給過剰のダブルパンチとなった。HDDのSSDへの継続的な置き換えなどの需要底上げ要因を考慮すれば、見通しは明るが、主要NANDサプライヤは大量在庫を保有しているため、在庫調整の最適化は不可欠となる。

関連記事

[ 2019年06月13日 18:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp