韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓日関係、経済でも距離…貿易9%減、投資6.6%減

韓日関係、経済でも距離…貿易9%減、投資6.6%減

日本で物流会社を運営するA社は日本の通関遅延に頭を悩ませている。A社の関係者は「昨年と比較して通関手続きが1、2週ほど長くなった」とし「訴えるところもなく、どうすることもできない」と話した。

韓国産製品を販売する日本法人のB社は最近、自社の製品から韓国産を強調する言葉を除いた。B社の関係者は「日本の消費者が韓国産製品ということを確認すると購入しないことが多い」と語った。

53.1%。5月に日本国内の韓国企業を相手に実施した全国経済人連合会のアンケート調査で「韓日関係の悪化で営業環境にマイナスの影響が出ている」と回答した比率だ。今年3月には名古屋のある大型家電製品販売店で「韓国産の製品は後ろに置くべきだ。なぜ韓国産テレビを日本製品の前に展示するのか」という指摘があり、国内のある大手家電企業が対策会議を開いたりもした。企業は営業環境が悪化した分野には「新規取引先および新事業発掘の困難」(37.3%)を最も多く選んだ。「韓国産製品に対する日本消費者の認識悪化」(28.8%)が後に続いた。

スポンサードリンク
(中略) 2016年以降増加してきた対日輸出額は今年1-3月期から減少に転じた。韓国貿易協会によると、今年1-3月期の対日本輸出額は71億6325万ドルと、前年同期(76億3354万ドル)に比べ5億ドル近く減少した。対日輸入額は昨年1-3月期の142億2460万ドルから今年1-3月期は121億6320万ドルと、20億ドル以上も減少した。
https://japanese.joins.com/

2019-06-14-k002.jpg

日韓貿易はおよそ5年周期で上下している。統計データーでは、今年は一番少ない年に当たる。正しければ来年から持ち直すことになる。これは韓国からの輸入に大きく依存している。反日による日本の輸入規制周期もあるだろうし、様々な要因があると思うが、上図をみると韓国通貨危機も企業技術・その他の状態も入っているわけで、興味深い。主には半導体関連の輸出増であり、輸入減少は、自動車部品・電子機器関連が多い。また韓国にとっては、日韓貿易のマイナス収支は、韓米貿易収支の相殺にもならずにマイナスが増加した。マイナス分を考慮すると、韓中貿易収支が減少する。そうでなくとも減少しているわけで、かなりのダメージと言える。

関連記事

[ 2019年06月14日 08:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
貿易戦略などない
対日交易環境にプラス環境は何かあるのか、ないだろう。
まず、競合関係でみると、中国、ASEANとの市場競争。
経済連携協定では、TPP加盟せず、独自FTA戦略をとる韓国。
ついで、レーザー照射、徴用工判決など韓国が日本に仕掛ける外交闘争。

対日輸出環境を有利に改善しようという工夫など、これっぽっちもない。
[ 2019/06/14 11:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp