韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、15億ドル規模の外平債を過去最低金利で発行

韓国政府、15億ドル規模の外平債を過去最低金利で発行

韓国企画財政部は15億ドル規模の米ドル建て外国為替平衡基金債券(外平債)を過去最低金利で発行したと13日、明らかにした。

外平債とは政府が為替レート安定のための資金(外国為替平衡基金)を確保する目的で発行する債券。今回の外平債発行は今年4月の満期償還約15億ドルの借り換え(すでに発行した債券を新しく発行した債券で償還)のためだ。

企画財政部がこの日(現地時間12日)に米ニューヨークで発行した債券は満期5年のグリーンおよび持続可能債券と満期10年の一般債券の2種類。発行金利は5年物の場合、米国債金利に30bp(ベーシスポイント、1bp=0.01%ポイント)を加えた2.177%、10年物は55bpを加えた2.677%。

スポンサードリンク
企画財政部の関係者は「今回の外平債発行・加算金利は過去最低水準」とし「韓国経済に対する海外投資家の信頼を確認した」と述べた。
https://japanese.joins.com/

2013年に、外国為替平衡基金債権(外平債)の発行に成功している。米国の量的緩和の縮小やシリア事態など、さまざまな対外悪材料を乗り越え、韓国経済への信頼を再確認したことに大きな意味合いがある。当時は、企画財政部(企財部)によると、政府は同日午前1時ごろ、10億ドル規模の10年満期の外平債(ドル建て)を発行した。発行金利は、米国債10年物金利(2.873%)に1.15%ポイントが上乗せされた4.023%と決まった。

問題は海外投資家が集まるのかという事にある。2013年時には発行目標額の5倍に上る50億ドルの注文が殺到したことで、需要が予想より増えると、値上げして売ったことになる。今年も同じになるかどうかは難しい。韓国の場合、国家予算の不足分の国債を韓国国内で消費することが出来ないので、外国人投資家に頼るしか無い。赤字が外債なだけでなく、政策予算の過半が外債となる。全てが韓国国債購入分ではなく、株式市場にも多くが還流されている。それでも政府予算のかなりの部分を外債に頼っている。

また外国為替平衡基金債権(外平債)の発行を発行したという事は、通貨危機をお恐れての事と考えれば、かなり深刻な状況と言えるが、1500億円規模であるから、わずかな数値でしかない…。

関連記事

[ 2019年06月14日 09:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp