韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自動車、米自動運転車メーカーに投資

現代・起亜自動車、米自動運転車メーカーに投資

現代・起亜自動車は13日、米国の自動運転車メーカー、オーロラ・イノベーションに戦略投資を行ったと発表した。投資額は明らかにしていない。

オーロラは2017年、グーグルの自動走行技術プロジェクトの総責任者だったクリス・アームソン氏、テスラのオートパイロット技術の開発責任者だったスターリング・アンダーソン氏、ウーバーの認識技術開発担当者だったドリュー・バグネル氏が共同で設立した企業だ。自動運転車のセンサーで認識した情報を分析し、車体を制御するソフトウエアを開発している。

現代・起亜自は昨年1月、オーロラと提携関係を結び、燃料電池車「ネクソ」を活用した自動運転技術を共同研究してきた。現代・起亜自はオーロラに出資することで協力分野を拡大し、技術開発にも弾みをつけたい考えだ。現代・起亜自は2021年、韓国政府が推進中の「スマートシティー」の対象地域で自動運転第4段階のロボットタクシーのモデル事業を行う計画だ。スマートシティーの対象地域はまだ公表されていない。

スポンサードリンク
現代・起亜自は自動運転車の技術開発に際し、人工知能(AI)分野をリードするインテル、エヌビディア、百度(バイドゥ)などと協業している。自動運転車のセンサー開発を手掛けるスタートアップ「メタウェーブ」(米国)、「オプシス」(イスラエル)、AI分野のスタートアップ「パーセプティブ・オートマタ」(米国)などに戦略投資した。現代・起亜自は昨年2月、ネクソ、ジェネシスG80に自動運転第4段階(完全自動運転の直前段階)レベルの技術を採用し、ソウル~平昌間(180キロメートル)の高速道路を運転者の介入なしで走行することに成功した。
http://www.chosunonline.com/

グーグル自動運転部門の元最高技術責任者(CTO)、Uberの自動運転部門出身の機械学習のエキスパート、テスラの「オートパイロット」開発チームの主要メンバー。そんな自動運転業界のスター3人が立ち上げたのが、オーロラ・イノヴェイション(Aurora Innovation)だ。同社の目的は、人間の介入を必要としない完全な自動運転技術を実現することだ。最初はジオフェンス(自律走行車が指定されたエリアから出ないようにするためのヴァーチャルな境界線)内での運用からはじめ、技術向上につれ徐々に運転範囲を拡大していく予定としている。

ピッツバーグを拠点とするAurora Innovationは18年1月4日、自社の自動運転ソフトウェアを商業化するために、フォルクスワーゲンと現代自動車の両社と契約を締結したと発表している。

関連記事

[ 2019年06月14日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp