韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  米国で先端研究を加速するファナック、狙いは「10年先」のロボット制御・AI

米国で先端研究を加速するファナック、狙いは「10年先」のロボット制御・AI

ファナックは米国シリコンバレーで、ロボット制御や人工知能(AI)など先端技術の研究を本格化する。カリフォルニア大学(UC)バークレー校など現地の大学や企業と交流。ファナックが持つロボット技術を中心に、先端技術を活用した応用分野を研究する。先端技術の研究をめぐっては、トヨタ自動車やNTTなどが米国に拠点を設ける。最新技術が集まる同地域で交流を積極化し、研究開発を加速する。

ファナックは米国西海岸に先端技術研究所を設立。現地で研究者を採用し、日本から派遣した研究者と合わせ数人規模の組織を立ち上げた。UCバークレー校、スタンフォード大学、現地企業などと交流。AIやIoT(モノのインターネット)を活用したロボットの応用技術などのテーマを設定し、共同研究に乗り出した。

ファナックが先端技術の研究拠点を設けるのは初めて。日本では既に数値制御(NC)装置やロボットなどの商品開発を担う研究所や、要素技術などを開発する基礎研究所を運営する。

スポンサードリンク
山口賢治社長は「国内の研究所は商品化が中心で、基礎研究所は3年くらい先、先端技術研究所は5―10年先の研究を担う」と指摘する。一方、同社は以前からUCバークレー校と協力関係があり、新たな研究所は既に同校周辺に所有する場所を活用した。最先端の研究開発が進むシリコンバレーでは、トヨタがAIやロボットなどの研究開発子会社を設立。NTTは4月に量子計算などの基礎研究をする法人を新設した。
https://news.livedoor.com/

2019-06-15-k005.jpg

今や生産性革命への取組みは、世界各国において喫緊の課題として認識されている。ドイツが数年前に打ち出した“インダストリー4.0”の概念に触発された日本や米国、中国も次々と国家プロジェクトを打ち出したことは記憶に新しい。世界中から注目されている企業といえば、レモンイエローが印象的なファナックだ。1972年の設立以来、強力な開発力を基盤に発展を続けてきた。ドイツが先手をいったように見える第4次産業革命だが、これは日本がすでに30年ほど前から取り組んでいた知的生産システムの国際プロジェクト「IMS」の考え方となる。だが残念ながらこのプロジェクトは20年続き、大きな成果を出さずに終束した。

実現できなかったことに、「通信技術やAI技術が未熟だった」ことが掲げられる。現在は、IMSの概念にITやAIという新しい技術が生まれ、これを使って実現しようという動きになりつつある。多品種少量生産でいかに利益を確保する仕組みをつくるか、重要な役割を担うのは、母なる機械(マザーマシン)とも呼ばれる工作機械となる。この競争力を維持するためには、日本初の斬新な工作機械の開発は不可欠。ロボット化、自動化が進み、実際の作業そのものは人間が関与することが少なくなる。未来の工場像としては、なるべく人に対する負担を少なくすることが大きな課題となる。

関連記事

[ 2019年06月15日 09:43 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp