韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の物価が日本に近づいてきた

中国の物価が日本に近づいてきた

2019年6月12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、中国の物価は日本に近づいてきたことを指摘するツイートが反響を呼んでいる。 中国のあるネットユーザーは、「以前、日本の物価は何でも中国より高かった。今は、中堅都市なら日本の方が物価は高いけど、大都市で、同じ品質や近い条件なら、物価はそんなに大差がない気がする」とツイートした。

他にも、東京に居住歴がある上海在住のネットユーザーは、日本で購入した古着のコートの肩と袖を、上海の仕立て屋で直してもらおうとしたが、1着につき300元(約4700円)請求されたという。また、スーパーマーケットで、ビン詰めの飲み物を2本、豆腐1丁と野菜を1ケースを買おうとして、レジで200元(約3100円)請求されたという。

飲み物のうちの1本が179元(約2800円)の乳酸菌入り飲料で、同ユーザーは「値段をあまりよく見ていなかった」ため、その飲料を店に返し、代金を払い戻してもらったという。「経済的に困ってはいないけれど、上海の物価に驚かされた。魔都で生活するプレッシャーはリアルに大きい」とツイートした。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-06-16-k001.jpg

中国は安い物は安いが、品質低下問題がある。北京や上海等大都市であれば物価は変わらないと言われる。バラつきの中心で見れば、物価は次第に上昇している。近年は1.7~2.5をピークに推移している。 2019 年 1 月の消費者物価指数(CPI)上昇率は+1.7%と、12 月の+1.9%から低下している。CPI上昇率は 10 月の+2.5%を直近のピークに 3 ヵ月連続で低下している。1 月の食品価格上昇率は+1.9%と 12 月の+2.5%から低下した。1 月の非食品は+1.7%で 12 月と同じ上昇率であった。CPI 上昇率に対する寄与度は、食品が 0.4%pt(12 月は 0.5%pt)、非食品は 1.4%pt(12 月も 1.4%pt)。

中国は今まで物価が安いイメージがあるが、観光客が多く訪れる北京、上海などの都市部では、日本より物価が高めに設定されている。都市部では庶民派のレストランでも1人1,000円~、高級レストランでは1人2,000円~と、東京のレストランより高めに設定されている外食店が多い。これは2016年でも同様。

関連記事

[ 2019年06月16日 08:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp