韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  華為排除で、日本と比べて韓国は非協力的、米国務長官が認識示す

華為排除で、日本と比べて韓国は非協力的、米国務長官が認識示す

「同盟国によって対応に違いがある」 米国のマイク・ポンペオ国務長官は12日(現地時間)、「韓国や日本、フィリピンなどアジアの同盟国は中国の脅威を警戒しているか」という質問に対し「(国によって)違いがある(It varies)」と答えた。「違いがある」という回答の意味については明確に説明しなかったが、事実上、韓国が日本に比べて、華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置をはじめとする米国の対中政策に非協力的だという認識を示したもの、という見方がなされている。

ロバート・ラプソン駐韓米国次席大使も14日、韓国国会外交統一委員会の尹相炫(ユン・サンヒョン)委員長と会って「(華為の機器の使用は)韓米軍事安保にとってさまざまな害になりかねない」と、同様の懸念を伝えた。ハリー・ハリス駐韓米国大使が最近、数回にわたって韓国政府の華為問題対応に不満を表明したのに続いて、国務長官をはじめとする米国政府関係者が類似の発言を連発しているのだ。「華為の機器を使用するかどうかは企業の自主判断に任せる」という立場を表明した韓国政府に対し、連日圧迫のレベルを高めていると解釈される。

スポンサードリンク
ポンペオ長官は12日、米国のあるラジオ放送のインタビューで「われわれは、中国が華為の機器を用いて米国に潜り込み、情報収集する問題について話し合い、この件にトランプ大統領は大きな反応を示した」「中国の脅威はそれ(貿易戦争)よりも広範囲で、大統領はこのことを理解していると思う」と語った。
http://www.chosunonline.com/

2019-04-16-k002.jpg

韓国では2014年に合同参謀機密に該当する新庁舎の電磁パルス(EMP)設計図が流出し、複数人が司法処理され軍の深刻な保安実態が問題視されれいる。軍になければならないこの設計図が2018年に再び外部に流出した。設計図が民間人の手に渡った。設計図を作成した民間人が所有権を主張したため、今年4月に返還された。

一方で日米韓における軍事機密情報が朴槿恵から中国に漏れ、のちに韓国軍から中国に流出した事件は記憶に新しい。さらに南北統一に燃える文大統領は、米軍排除で達成する可能性が高まるわけで、米軍排除に動いたことで、米国から大きな反発を得ている。それが今回のトランプ大統領やポンペオ長官の言葉に表れている。もともと日米においての最重要機密情報は韓国には渡さないとしている。がしかし、韓米同盟として成り立たないために、トランプ氏はファーウェイ問題で圧力を韓国にかけたというわけだ。

関連記事

[ 2019年06月16日 09:18 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp