韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「平和な国」ランキングで韓国の順位が大幅下落、原因は?

「平和な国」ランキングで韓国の順位が大幅下落、原因は?

2019年6月13日、韓国・東亜日報は、「平和な国」ランキングで、韓国の順位が昨年に比べて大幅に下落したと報じた。

記事によると、国際シンクタンク・経済平和研究所(IEP・Institute forEconomics and Peace)が12日に公開した「世界平和度指数(GPI)2019」で韓国は昨年より9ランク下落した55位(1867点)を記録した。

1位に選ばれたのはアイスランド(1072点)で、次いでニュージーランド、ポルトガル、オーストリア、デンマークなどが続き、日本は9位、中国は110位だった。一方、最下位はアフガニスタン(3574点、163位)で、シリア、南スーダン、イエメン、イラクなども低い順位を記録した。北朝鮮も149位(2921点、昨年150位)で、アジア太平洋の国では唯一、下位25カ国に含まれた。報告書は「韓国はこの10年で軍に対する信頼が目立って下落した」と指摘したという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2019-04-13-k001.jpg

世界平和度指数は、イギリスのエコノミスト紙が24項目にわたって144カ国を対象に分析し、各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化することを試みたものである。①対外戦、内戦の数 ②対外戦、内戦による推定死者数 ③人口に対する難民、追放者の割合 ④政治的不安定さ ⑤テロ活動の潜在的可能性 ⑥殺人事件の数 ⑦暴力犯罪の程度 ⑧暴動の可能性 ⑨犯罪収容者の数 ⑩警察、治安維持部隊の数 ⑪軍人の数 ⑫普通一般兵器の輸出入量 ⑬重兵器の数 ⑭小型武器、携帯兵器の入手しやすさ ⑮軍事力、精錬度 の項目で評価する。

経済紙エコノミストは、この指標に対して批判が出ていることを認めている。特に、軍事費が突出している国に対しての評価が辛い点について、「特にアメリカから軍事的庇護を受けている国に有利でありすぎる」との批判が出ていることがエコノミスト紙上で公表されている。そういう意味では韓国は今までが良すぎたともいえる。統一妄想で動きすぎた結果でもある。 とは言え、常に米国に守られてきたことを考慮すれば、軍事力評価と言う側面よりは、政治面での不安定さや、犯罪件数に暴動の可能性のほうでの問題が多そうだが…。


関連記事

[ 2019年06月17日 15:32 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp