韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国が7兆ウォンはたいてF-35購入も、米国にだまされた?

韓国が7兆ウォンはたいてF-35購入も、米国にだまされた?

2019年6月13日、中国メディア・中国網によると、韓国が米国から巨額の資金を払って注文したF-35戦闘機について、韓国国内から「詐欺だ」との怒りの声が噴出しているという。

記事は、「昨年3月に韓国が米国から1機目のF-35A戦闘機の納品を受け、日本に続くアジアで2番目のF-35保有国になった」と紹介。「今後3年間に40機のF-35を購入する契約を結んでおり、その総額は7兆ウォン(約6400億円)と日本を含む他国への販売単価よりもはるかに高い金額になっている」と伝えた。

そのうえで「それは米国から韓国向けに専用の通信衛星使用権を与えるというオプションも含まれた金額だったが、現在に至るまで通信衛星の引渡しは行われておらず、その気配すら感じられない。韓国が米国の軍事通信衛星を欲しがる理由は、米国が持つ世界的な軍事衛星ネットワークに入れば国防面で大きな役割を果たすことになるからだが、米国は明らかに衛星ネットワークを引き渡すのを嫌がっており、何年もの間あやふやにしてきた」とした。

スポンサードリンク
韓国メディアによると、専用通信衛星の使用権譲渡は韓国が米国からF-35購入の条件として提示したものだったという。製造元のロッキードマーティン社は拒絶したにもかかわらず、韓国の国防工商局が誤ってこの条項を韓国政府に提出する契約報告に記載してしまったとのことだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2018-12-06-k002.jpg

2017年には、「F-35の供給価格は当初の価格より約7億ドル(約8000億ウォン)低い」とし「これに伴い、55機を発注した米軍はもちろん、35機を注文した米国の同盟・友好国の調達価格が下がることになった」と報じている。日本は1機100億円超であるから、それを考慮すれば安いだろう。ただし革新技術の移転は無い。まして韓国向けに専用の通信衛星使用権を与えるというオプションも含まれた金額ならば安いのではないか。値切りすぎれば後に高くつくわけで、技術移転の無い戦闘機で、整備が日本ならばどうなるのだろうか…。

米国が日本のF-35生産ライン設置を支援するほか、日本に対してさらなる技術サポートを提供する姿勢を見せていることに、韓国人はいささか嫉妬しているようだと掲載しているが、米国への外交も疎かでは、何を実施しても高くつくのは当たり前。

関連記事

[ 2019年06月18日 08:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp