韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  米国の貿易圧力の下、日本産業の勝敗からみえるもの

米国の貿易圧力の下、日本産業の勝敗からみえるもの

1980年代、米国が貿易不均衡を口実に、半導体や自動車といった日本の優位産業に圧力をかけた歴史は、今も多くの日本人が昨日のことのようにありありと覚えている。その後、日本の一部の産業は徐々に国際競争の舞台から姿を消し、一部の産業はその後も発展を続けている。こうした経験や教訓は振り返る価値がある。新華社が伝えた。

半導体分野では、80年代にダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)を代表とする日本の半導体製品がグローバル市場を突如席巻した。日本の半導体産業は急速に発展し、米国の警戒を引き起こした。

86年に調印された「日米半導体協定」を通じ、米国は日本政府へダンピング(不当廉売)輸出をやめるよう一方的に要求するとともに、日本国内のユーザーに海外製品の利用を奨励した。91年にも米国は協定第2弾を打ち出し、海外製品の日本市場でのシェアが20%以上になるよう要求し、米国製品の対日輸出増加を強行した。

スポンサードリンク
産業協定だけでなく、米国は85年に調印された「プラザ合意」を通じ、大幅な円高を促し、日本製品の輸出競争力を削ごうとした。また、関税を駆使して、日本から米国に輸出された半導体製品などに大幅な関税の上乗せを行った。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-02-10-toyota.jpg

世界でシェアをダントツで握るほどに、その頭は世界の関連国から叩かれる。世界経済というのは、結局利益平均型となり、基本的には利益分散となる。従ってサムスンやSKハイニックスはすぐ頭打ちとなる。世界企業のトップとなるには、トヨタがその事例を示し始めている。世界企業との連携無くして、世界のシェアを戦うのは無理であると同時に、革新技術を持ちつつ、世界企業と協力する事であり、世界企業とのシステム作りに励むr事である。

この様な努力が世界企業をけん引する力となり、世界企業を巻き込んだシステムや、製造技術或いは部品の共通化などなど…。さらには、独自品質を持つことで付加価値は保たれ、世界企業から恨まれることなく競争が可能となる。

関連記事

[ 2019年06月18日 08:53 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp