韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  徴用工訴訟、「第三国」の仲裁委手続きに移行 韓国政府に通告

徴用工訴訟、「第三国」の仲裁委手続きに移行 韓国政府に通告

政府は19日午前、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に向け日本側が求めていた委員の任命に韓国側が応じなかったことを受け、3人の委員全員の指名を第三国に委ねる協定上の次の手続きに移行することを韓国政府に通告した。

ただ、この手続きにも韓国政府が応じない可能性が高く、仲裁委が設置されるかは不透明だ。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日午前、在日韓国大使館の金敬翰(キム・ギョンハン)次席公使を同省に呼び、仲裁の手続きに応じるよう強く求めた。 

請求権協定は一方が仲裁委員の任命に応じなかった場合、日韓双方がそれぞれ選んだ第三国の政府が指名する委員2人と、それらの政府が選定する別の第三国の政府が指名する委員の計3人で仲裁委員会を構成することを定めている。日本政府は協定に従い第三国を選定することは「締約国の義務」としている。

スポンサードリンク
徴用工訴訟をめぐっては、日本政府が1月9日に請求権協定に基づく2国間協議を要請したが、日本側からの再三の督促にもかかわらず、韓国側は応じなかった。日本政府は5月20日には協定が定める仲裁委員会の設置を要請したが、今月18日の期限までに委員の任命について回答はなかった。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-01-11-k001.jpg

日本にとって、今の韓国政府には厄介なネタとなる。請求権協定とはいえ、文言の抜けを見つけては、騒ぎ出すのが韓国政府である。自国民ともつながりを持ち、大騒ぎする。慰安婦問題の様に、解決しても後出し展開で変わる。約束はすべて通らない国となる。いつまでたっても日本統治の恨みを抱える韓国は、とても先進国家の仲間とは言い難い。戦争中であり、無条件降伏した日本の弱みにつけ込んで動き出す連中である。日本の敗戦時は彼らの国は日本であるから、如何にも自分たちは関係が無いかのような態度をとるが、敗戦時は朝鮮半島は日本となる。

一方で、ベトナム戦争でのライダイハンで韓国がした卑劣さは、反省すらしない連中である。いつまでたっても国の体質は良くならずに、逆に悪くなる一方となる。社会システムはすでに東アジア新興国のほうが上だ。アジアで置き去りとなる朝鮮は、どの国も相手にしなくなる。

関連記事

[ 2019年06月19日 18:47 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp