韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の水道から赤い水!「人災」だった?

韓国の水道から赤い水!「人災」だった?

2019年6月18日、韓国・ニュース1は「仁川の赤い水道水現象は人災だった」として、その実態を報じた。 韓国の仁川市で先月末に赤い水道水が出る問題が発生した。その影響で現在は150校余りの学校の給食提供に支障が出ているという。

韓国環境部は今月18日に政府原因調査チームの中間調査結果を発表し「今回の問題は仁川市内の浄水場に原水を供給するソウル市内の取水場と加圧場が定期点検により稼動中止となり、近隣の浄水場の浄水を水系転換する過程で発生した」と説明した。通常この過程は十分な時間をかけて行われるが、わずか10分でバルブを開放したことから流速が増し、送水管に付着した水あかが洗い流されて水質が悪化したという。

また調査チームは、上水道を管理する仁川市が3年前にも同様の方法で水系転換をしていた事実も確認した。当時は問題が発生しなかったため、今回も無理な水系転換を強行したとみられている。

スポンサードリンク
さらに「事故発生後の措置も不十分だった」と記事は指摘している。事故発生から14日後に初めて異物が出た浄水池の水質状態を確認し、水系転換の過程で濁度が上昇した事実を把握しながらも特別な措置を取らなかったという。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-06-20-k001.jpg

送水管に付着した水あかが洗い流されて水質が悪化したというが、さびではないのか…。定期交換していなことで発生したと考えたほうがわかりやすい。そもそも地方債務の赤字と公共物に、浄水場などなどの定期点検よりは、定期交換の実施がされていないのだろう。通常日常点検と定期交換が主となる。交換するべき時期に交換しないから発生したと考えたほうが理解しやすいが…。

記事では、事故発生から14日後に初めて異物が出た浄水池の水質状態を確認し、水系転換の過程で濁度が上昇した事実を把握しながらも特別な措置を取らなかったというが、一つあれば複数あるのがクレームであるから、問題は次々発生すると思われるが…。

関連記事

[ 2019年06月20日 08:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp