韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で日本ビールの販売が減少、中国ビールは増加

韓国で日本ビールの販売が減少、中国ビールは増加

韓国のコンビニ大手CUが過去5年間の国別ビール販売比率を分析した結果、トップの日本ビールの販売は減少した半面、中国ビールの販売は増加したことが分かった。 2014年に輸入ビール全体の売上高で38.1%だった日本ビールは今年27.5%に減少した。一方、青島ビールなど中国ビールは2014年の4.9%から今年は10.2%へと倍以上に増え、順位も7位から3位に浮上した。

中国ビールの販売増加は「麻辣湯」ブームの影響という分析もある。実際、永登浦区(ヨンドンポク)、大林洞(テリムドン)、建国大(コングクデ)などに多かった「麻辣湯」専門店はこの1、2年間に光化門(クァンファムン)、汝矣島(ヨイド)、江南(カンナム)のほか、各地域に広まった。麻辣湯や麻辣香が人気を呼び、これに合わせて青島ビールの販売も増えたということだ。 フランスビールの販売も増えている。2014年には10位圏外だったフランスのビール(クローネンブルグブラン)が今年は売上5位まで浮上した。クローネンブルグブランは柑橘系の風味で飲みやすく若い女性に好まれ、5年前に比べて売上が15倍も増えた。これを受け、フランスビールの比率も1.0%から8.2%まで増えた。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
2016年に中央日報が1~2月に流通事業者9社の家庭用輸入ビール売り上げの割合を調査した結果、新世界百貨店の場合、その割合が70%に達した。また、ロッテ百貨店(本店)が50%、現代百貨店は40%に達した。主要マートとコンビニエンスストアの輸入ビールの販売比率も40%前後だった。 輸入ビールは、毎年1000億ウォン以上ずつビール市場が広がっている。

2018年では、韓国では日本同様にビール離れが進み、韓国大手スーパーのロッテマートで、上半期の全ビールの売上高は前年同月比1.4%の増加にとどまり、国産ビールは5.6%の減少となった。前出のEマートでは前年同期比6.9%減少、国産ビールは8.6%減少した。 しかし、輸入ビールはロッテマート(9.8%増加)、Eマート(5.4%増加)と両社ともに好調を維持している。今年、Eマートのビール全体の売り上げに占める輸入ビールの割合は全体の53%まで上がっている。

日本のビールが人気となっている理由は、日本を訪問する旅行者が急増するなど、日本の外食文化が深く根付いている事が背景にある。しかし2019年になり、中国の酒類メーカーが新製品を前面に出して、韓国市場の攻略を加速している。韓・中自由貿易協定の発効で中国産の酒類の価格が下がったうえに、ヤンコチ(羊肉串)、マラタン(麻辣湯)、火鍋などの中華食文化が急速に拡散し、これにふさわしい現地酒を求める需要が増加したため、中国産に押され、日本ビールが減少となった様だ。

関連記事

[ 2019年06月20日 18:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp