韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  康京和外相は「人形」にすぎない

康京和外相は「人形」にすぎない

日本の安倍晋三首相は、対日強硬一辺倒の朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と韓国に向かって「愚かだとしか言いようがない」と言ったという。当時日本は「インド・太平洋戦略」を推し進めながら、米国を説得していた。米国、日本、オーストラリア、インドがインド・太平洋で中国を包囲し抑制しなければならないという同戦略は、現在そのまま実行されている。米国は歴史と伝統が備わった「太平洋司令部」という名称を「インド・太平洋司令部」へと変更した。

韓国が含まれていないにもかかわらず、在韓米軍と韓米連合司令部の指揮機関名が変更された意味合いについては、韓国国内ではほとんど論議されなかった。日本は中国に次いで空母2隻を導入するようになる。これは米国も承認済みだ。もともと親日国家であるインドは、日本とマラッカ海峡近くで1年に5回も合同軍事演習を行った。中国がインド洋に確保したスリランカ海軍基地の近くに、日本とインドが海軍基地を建設する。韓国油槽船はこの基地の前を通ってマラッカ海峡に進入しなければならない。「愚かだとしか言いようがない」という言葉が「韓国の国家戦略は何なのか」を問う質問ならば、一体何と答えるのだろうか。北朝鮮に対する太陽政策がその回答なのか。太陽政策は国家戦略なのか、それとも政権戦略なのか。

スポンサードリンク
韓国の力は現在われわれ自らが実感している。米中間に挟まって呼吸すらできないような状況だ。日本は最も早く米国の側に付いた。しかし、中国は韓国には脅しを掛けながらも、日本には何も要求していない。日本のGDPにおける対中輸出は3%にすぎない。貿易関係が崩れれば、苦しむのは中国の側だ。韓国のGDPにおける対中輸出は10%を占めている。貿易関係が消滅すれば、中国よりも韓国の方が痛手を負う。これが韓国の国力なのだ。
http://www.chosunonline.com/

2013-11-20-wa.jpg

今の文大統領は、「自由気まま」「危機感無し」と言う言葉がぴったりだろう。もともと韓国教育が幹部育成教育であるから、その社会で生まれた政治自体も、実務者なしの言いたい放題政権となり、大統領をトップとして、下へ下への指示と言う言動だけでしかないので、いつどこで誰が何を実施するのかという実務者不在の国と化している。結果赤字だけが増えて、税金は底なしの様に使い、事あるごとに税金投入で対応したという。しかしそれも限界に来ると、大統領は首切りだけの仕事となり、次第に大統領側近すらいなくなる。

日本は各省庁が実務であるが、最近は各省庁も自由と化している。韓国に至っては、財政赤字を全く気にせずに、老朽化対応のロードマップすらない。不正だけが独り歩きし、国の形態をなしていない。司法などは論外となる。政治も国も組織であるから、個人プレーで動くようでは、国ではない。日本も気を付ける必要があると指摘しておこう。韓国は手の施しようが無い。上から目線で国の崩壊を恐れ、日本統治を恨む70年間では、進歩はおろか、後進国となり、政府負債に家計負債の増大だけで、国は崩壊しそうである。

関連記事

[ 2019年06月23日 09:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp