韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安倍首相「日程詰まっている」韓国政府「我々も…」

安倍首相「日程詰まっている」韓国政府「我々も…」

韓日政府が今月28日と29日に大阪で開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を機に推進してきた韓日首脳会談の開催が事実上、失敗に終わったことが23日、分かった。日本の安倍晋三首相が22日、読売テレビのインタビューで、「(G20サミット主催国議長であるため、会談)日程が詰まっている」「(時間の制限上)総合的に判断したい」と語った。すでに韓国以外の国との首脳会談日程はすべて決まっており、韓日首脳会談の開催は現実的に難しいという考えを明らかにしたものだ。

安倍首相が韓日首脳会談の可能性に否定的な展望を公にしたのは初めてだ。東京の外交消息筋は「韓日首脳会談は事実上、なしになったようだ。今残されている現実的な選択肢は、G20サミット会場で文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍首相が少しの間会って握手する程度の略式会談ぐらいだろう」と言った。

これと関連して韓国政府関係者は「我々もG20サミット期間中、二国間首脳会談の日程がほぼいっぱいになっている。会談をしたいという国が多い」と語った。ある元外交官は「日本が韓国の神経を逆なでしたのは事実だが、ああいう対応の仕方は残念だ。第3者から見たら幼稚な意地の張り合いだろう」と言った。

スポンサードリンク
韓国大統領府は今回のG20サミット期間中に中国・ロシア・カナダ・インドネシアという4カ国との首脳会談日程を行うと先日発表した。大統領府は先週までは韓日首脳会談について「引き続き門戸を開いている」と言っていたが、安倍首相が今回、公に「日程」にまで言及した以上、韓日首脳会談は事実上、失敗に終わったものと解釈される。
http://www.chosunonline.com/

2019-05-25-k001.jpg

今の韓国政府では、意地をはり、上から目線で、自己都合の連発では、世界はどこも韓国を支持しない。韓国が中国・ロシア・カナダ・インドネシアという4カ国との首脳会談を実施したところで何の収穫も無い。日本を敵視している以上、米中の間でさまよい続けるだけとなる。韓国にとっては、他国市場は無理。リスク回避にはならない。従って、米中といかに上手に付き合うのかが勝負となる。結局他国戦略を立てても、日中が市場でシェアを拡大しているわけで、どこに行っても同じ問題にぶつかる。

さらに他国へ投資するだけの資金力も低下している。挙句に、他国に移行すれば、自国内需は低下し、トータルで考慮すれば、財閥企業だけに自国への繁栄は低下するだけとなる。

関連記事

[ 2019年06月24日 10:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
誰にも見える空回り
目下、韓国外交の最大の問題は、中朝、米朝が先行して
韓国が北朝鮮外交サークルからはずされていることだろう。
なぜこうなるかというと、韓国は金正恩の眼中にないから。
立ち位置不明、旗色を見せない韓国とは約束事を作れない。
なので、どの国も韓国を気にかけない。

文在寅は親北一色で政権を組んだが、肝心の北朝鮮から
無視されるという空回り。この状況は、トランプにも、
習近平にも見える。もちろん、安倍首相にも見える。
[ 2019/06/24 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp