韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンのタブレット、充電したまま寝ていたら燃える

サムスンのタブレット、充電したまま寝ていたら燃える

2019年6月25日、英国の中国語メディア「ybirds英鳥」によると、英国でこのほど、ベッドの上で充電していた韓国サムスン電子のタブレットが燃えて、眠っていた11歳少年のマットレスに穴を開けるということがあったという。少年にけがはなかった。

マンチェスター・イブニング・ニュースによると、少年はスタッフォードシャーの自宅で目が覚めた後にこれに気付いたという。少年の父親が先週木曜日、リッチフィールドの消防署に通報した。 タブレットは4年前に新品として購入したもので、充電器は付属のものだったという。

タブレットは午後9時ごろから充電を始めると徐々にくすぶり、気が付いた時には寝具だけでなくマットレス下のスプリングまで燃えていたという。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
iPhone6plusを今なお使っているのですが、私が経験したのは、CPU暴走による発熱過剰というのがあります。メモリーが1Gしか搭載していないので、使用していると、アプリはことごとく落ちる。そのたびにアプリを起動するのですが、最近CPUの暴走を経験しました。異常な発熱であまりに熱くなったので、再起動して復活したわけですが、あのままで置けば、どうなったかはわからない。

また11インチのiPadProを常用しているのですが、主に3Dゲーム専用です。この3DゲームとIOSとで、ゲームの一部が暴走しているのは日常茶飯事となります。意外と気が付かない事が多いと思いますが、CPUが暴走するというのは多々あります。しかし完全ではなく一部なので、CPU周りの回路設計とアセンブリ言語などを経験している人でないと気が付きにくいかもしれません。部分暴走と言うのは、意外と厄介なので、一日一回再起動することを進めたいですね。

メモリ解放しても治りません。CPUの部分暴走なので…。サムスンタブレットを含めて近年高性能なGPUを搭載しているのと、グラフィックへの負担が大きい3Dゲームのプログラムの質に問題があります。またIOS12はさらに問題が多いので、暴走しないほうがおかしいとも言われる。暴走時の回避回路は一般的にはあるのですが、それすらも機能しない場合と言うのは、あるわけで、発熱対策をハードで構成しないと無理。またストレージ容量が大きくなり、多くのアプリをインストールしていることも原因の一つとなります。

関連記事

[ 2019年06月27日 08:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp