韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日中資本市場が提携、ETF相互上場が実現

日中資本市場が提携、ETF相互上場が実現

わずか10カ月の準備期間を経て、日中の上場投資信託(ETF)の相互上場が実現した。 上海証券取引所と日本取引所グループ(JPX)は25日、それぞれ日中FETF相互上場式典を行った。当日には、易方達基金、華夏基金、南方基金、華安基金の各社による4本のETFが上海で上場した。

上海での式典では、中国証券監督管理委員会(証監会)の方星海(ファン・シンハイ)副主席がビデオ中継でメッセージを寄せ、「現在、世界で保護主義が台頭する背景の中、日中という世界で2位と3位のエコノミーの資本市場における互恵協力を強化することには、重要な意義がある。

日中ETFの相互上場、また先週月曜日の上海・ロンドン株式相互接続(ストック・コネクト)、先週金曜日のA株の英グローバル指数・FTSEラッセルへの組み入れは、中国資本市場の開放拡大の歩みが停止しないばかりか、緩やかに加速していくことを示す。

スポンサードリンク
日中資本市場の協力状況は良好で、今年4月に第1回日中資本市場フォーラムが開催された後、双方は多層的で多様な形式の交流協力を展開してきた。ETF相互上場の実現は始まりに過ぎず、日中資本市場は相互補完性が強く、協力の可能性が大きく、双方の一層の交流の強化、相互信頼の増進、実務協力の新分野の持続的開拓発展が期待できる」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-06-27-k001.jpg

日本にはこれまでも中国株ETFが上場していたが、日本株ETFの中国上場は今回が初の事例となる。ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれている。連動する指数は株式だけでなく、債券、REIT(リート)、通貨、コモディティ(商品)の指数もある。投資先も日本から海外に広がり、投資しにくい国と地域と資産に手軽に投資ができるようになった。似ている商品として投資信託に「インデックスファンド」がありますが、 ETFは、そのインデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品となる。

ETFには「発行市場」と「流通市場」の2つの市場がある。発行市場において、ETF運用会社と指定参加者の間でETFの受益権が設定または解約(交換)され、ETFの発行済受益権口数が増減する。その発行されたETFの受益権が流通するのが流通市場(取引所)になる。発行市場は、プライマリ市場と、流通市場を、セカンダリー市場と呼ぶこともある。 今回、上海証券取引所には、南方基金によりTOPIXに連動するETFが、華安基金、華夏基金、易方達基金により日経平均株価に連動するETFが上場し、これにより、中国の投資者は当該ETFを通じて日本株へアクセスすることが可能となった。

東京証券取引所においても、三菱UFJ国際投信によりSSE180に連動するETFが、アセットマネジメントOneによりCSI500に連動するETFが上場し、日本の投資者にとっても選択肢の幅が広がった。

関連記事

[ 2019年06月27日 08:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp