韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の外交課題、大阪とソウルで明らかになる文政権の対応策

韓国の外交課題、大阪とソウルで明らかになる文政権の対応策

2011年12月、李明博(イ・ミョンバク)大統領と日本の野田佳彦首相(いずれも当時)が京都で首脳会談を行ったが、これは韓日外交史における「大惨事」として記録されている。両首脳は慰安婦問題で互いに激しく意見が対立し、もう二度と顔を合わせないような形で別れた。

当時、韓国政府に背後で外交政策のアドバイスをしていたある人物は後日、私的な席で「会談直前、元慰安婦らによる1000回目の水曜集会に合わせて反日の雰囲気が最高潮に達していた。そのような状況で首脳会談をすれば、まさに火の中に飛び込むようなものだったので、延期すべきとの意見を伝えたが、『もう遅い』と言われた」と当時を回想した。緻密な準備も戦略もないまま、世論だけを意識し、ただ会えば目的が達成されるという首脳会談がいかなる結果をもたらすか。この首脳会談がまざまざと示してくれた。

今週末に大阪で主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催され、これを契機に韓日首脳会談が実現するかに注目が集まっていたが、結局は開かれないことが正式に決まった。日本側はかなり前から「難しい」と伝えていたが、韓国大統領府のある幹部は25日の時点でも「日本から『現場で会おう』と要請があれば、われわれはいつでも応じる用意がある」と述べた。正式な形でなければ略式でもよいということだ。

スポンサードリンク
政府がこのような態度に出る背景には、両首脳が会うだけで「対日外交を放棄してはいない」と示せるし、また開催できないとしても、その責任を日本に押し付けることができるからだ。しかし会談で強制徴用問題やその賠償など、両国の懸案についてどう話し合うかという点については特に何も考えていないようだった。
http://www.chosunonline.com/

朝鮮日報は、このような「とにかく会ってみよう」というやり方は、ここ最近の南北首脳会談を巡る動きでも繰り返されていると伝えているが、韓国国防相と笑顔で握手した岩屋防衛相にもあてはまる。日本政治も韓国政府の様に戦略無く、顔を合わせている様では、安倍政権も、反省してほしいものである。外交は信頼と信用である。そして何より重要なのは戦略という事になる。政治におけるもっとも重要な部分だ。外交ができない人材では政治家になる資格は無いだろう。

最も国内でつい口にした一言が多い日本の政治家連中には、実に耳の痛い話となる。まるで素人の答弁と同じ。これには自民党の順番制という、企業でいえば年功序列のような古い体質が今なお、派閥内或いは党内で残っている。自民党最高の人材選抜で組織できない政権下は、今後の日本にとっては、寂しい限りとなる。

関連記事

[ 2019年06月27日 09:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
トランプは何しに韓国へ
外交が貧弱な文在寅政権は、会える国ならどこでもいいと、
全方位で手を出す。文在寅の訪米では、ひとつ×がついた。
中国、ロシアはどちらも韓国と組んで何かをというアイテムが
ないだろう。記者の予想通り、何も起こらないのでは?
次の問題は、トランプの訪韓だろう。「改心したのか」と
文在寅に迫る。具体的には駐韓米軍の撤退が協議課題。

岩屋防衛相の行動は、韓国側に誤解させるから始末が悪い、
(日本は)まだ望みがあると誤解させるような、
[ 2019/06/27 11:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp