韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「金正恩氏を信じる」「日本は国内政治に歴史を利用するな」

文大統領「金正恩氏を信じる」「日本は国内政治に歴史を利用するな」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、3回目の米朝首脳会談が開催される見通しについて「今やその時期が熟しつつあると考える」と指摘した。文大統領はこの日、聯合ニュース、AFP、APなど国内外七つの通信社による書面インタビューでこのような考えを示し「韓半島(朝鮮半島)平和プロセスはすでにかなり進展した。

朝米交渉の再開を通じて次の段階に進むだろう」とも予想した。文大統領は「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長による非核化の意志を信じる」「(金正恩氏は)非常に決断力と柔軟性のある人物だ」と非常に高く評価した。文大統領は27日、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催される大阪で中国の習近平・国家主席と首脳会談を行い、翌28日にはロシアのプーチン大統領と首脳会談を行う予定だ。

文大統領は韓日関係の最大の懸案である強制徴用判決問題について、韓国政府が提示した「韓国と日本の企業が出資した基金の設置」が解決策になると主張した。

スポンサードリンク
しかし日本は「韓日協定違反」との理由でこれを拒否している。文大統領は「韓日関係発展のためには歴史問題を国内の政治に利用してはならない」「歴史問題は韓国政府が作っているのではなく、過去の不幸な歴史のために生じた」などと主張した。G20首脳会議では韓日首脳会談が行われないが、文大統領は「いつでも対話のドアは開かれている。G20の機会を利用するかどうかは日本に懸かっている」との考えも示した。
http://www.chosunonline.com/

2019-03-25-k005.jpg

文大統領の海外亡命準備は出来ているわけで、すでに家族は海外に、後は自身と奥様とで、逃げるだけ。なので、好き勝手なことを語る。金正恩は核を放棄しない。米国から身を守るすべがなくなる。着々と南を制圧する準備を進めているだろう。南朝鮮が、通貨危機で崩壊すればよりチャンスとなる。当面米国から攻撃されないためには、トランプ大統領との首脳会談に臨むだろう。ともに形だけの首脳会談。すでに米国は核放棄の意思がないことを知っているわけで、トランプは金正恩に米国を核で狙うなとくぎを刺している。

米国にすれば北朝鮮が核で狙わなければ良いわけで、最低限の事を実施するだろう。問題は日本だ。北朝鮮から狙われないための外交に米国を利用する。日米同盟はともに有効的利用の同盟国となるわけで、日本は米国と軍備においても復権する。いよいよ安倍首相の夢はかなうかも~。 米国に頼らない自国防衛は難しい。在日米軍の在り方を決めて、新たな条約を結ぶことになる。それもトランプが大統領でいる間に…。

関連記事

[ 2019年06月27日 12:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp