韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、元徴用工訴訟で一度否定した案を…今になって「評価」!?

文大統領、元徴用工訴訟で一度否定した案を…今になって「評価」!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、また妄言を炸裂(さくれつ)させた。いわゆる「元徴用工」の異常判決をめぐり、日韓の企業が出資して原告に「慰謝料」を支給するという韓国政府の提案について、日本政府に受け入れを求めたのだ。共同通信など世界の7通信社との書面インタビューで答えた。かつて大統領府が否定した案を、今になって評価する「矛盾」に気付いていないのか。

「韓国政府は、元徴用工問題での現実的な解決策を日本政府に伝達した。民主主義国家の政府として、最高裁判決を尊重し各界の意見と被害者たちの要求まで取り入れた。当事者間の和解がなされ、韓日関係も一歩進むようにした措置だ」 文氏はインタビューで、こう述べた。「現実的な解決策」と評した文氏だが、同様の案について大統領府は今年1月、「政府と韓日両国企業が参加する基金という発想自体が非常識だ」と否定的な見解を示していた。

文政権は今月19日、提案を公表したが、日本政府は即座に拒否した。1965年の日韓請求権・経済協力協定で、両国の請求権問題は「完全かつ最終的に解決」したことが確認されている。

スポンサードリンク
国際法に反して蒸し返した韓国に解決の責任があり、日本に「責任転嫁」する案を拒否するのは当然といえる。書面インタビューで、文氏はほかにも常軌を逸した発言を行っている。日韓関係について、「関係発展のためには歴史問題を国内政治に利用してはならない。歴史問題は韓国政府が作りだしたものではなく、過去に厳然と存在した不幸な歴史のために生じた」と述べたのだ。
http://www.zakzak.co.jp/

2019-06-27-k003.jpg

文政権は今月19日、提案を公表したが、日本政府は即座に拒否した。1965年の日韓請求権・経済協力協定で、両国の請求権問題は「完全かつ最終的に解決」したことが確認されている。ご都合主義の韓国とは言え、ころころ変わる連中である。文氏の腹の中では譲歩したつもりでいるからこうなる。そもそも問題の解決云々ではない。何とも汚い対応と言うのか、この国のやり方は見かけだけで、形を整えようとする意地汚さが見え見えだ。

元徴用工問題は、あくまで韓国内の問題。日本に責任を求める話ではない。自国で解決していないことを日本に責任転嫁する汚さには開いた口が塞がらない。

関連記事

[ 2019年06月27日 16:44 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp