韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  国内に目を向けるべき投資、海外に逃げる…雇用4万減少

国内に目を向けるべき投資、海外に逃げる…雇用4万減少

過去10年間、韓国製造業の海外投資増加率が国内設備投資増加率より2倍以上高かったことが分かった。この期間に製造業部門だけで4万2000余りに達する雇用が減った。外国は自国への海外投資を伸ばしている状況で韓国のみ投資が減っており、企業環境の改善を要求する声に力が加えられるものとみられる。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院が27日、2009年から昨年まで国内外投資の流れを分析した結果、製造業の海外投資増加速度が国内設備投資の2.7倍に達したことが明らかになった。製造業の国内設備投資の規模は2009年99兆7000億ウォンから昨年156兆6000億ウォンへと年平均5.1%増えた。同期間における製造業の海外直接投資は51億8000万ドル(約5600憶円)から163億6000万ドルに拡大した。年平均13.6%増えたわけだ。

このような雰囲気は今年も続く見込みだ。国内設備投資増加率は昨年2016年以降再びマイナス(-1.6%)に転じ、今年第1四半期も16.1%減少した。2009年第1四半期(-19.4%)以降最低値だ。一方、韓国企業の海外投資は着実に増加している。先月、ロッテケミカルは米国でサッカー場152個の大きさの化学工場竣工式を開いた。事業費だけで計3兆7000億ウォン(約3400億円)程度が投じられた。

スポンサードリンク
韓国経済研究院のホン・ソンイル経済政策チーム長は「昨年CJ第一製糖、今年にはロッテグループなどが米国に大きな投資をしたため、製造業の海外直接投資規模は今年も大幅に増えるだろう」とし、「最低賃金の急激な引き上げ、法人税率の引き上げなど国内投資環境が良くない状況で、企業の立場では製造原価を下げられる海外への投資誘因が大きくなるほかはない」と分析した。
https://japanese.joins.com/

2019-03-26-k002.jpg

韓国企業も生き残りに必死である。人件費が増大し、比較的大きな中小企業は東アジア圏に拠点移動し始めている。つまり経常収支でいう内需は、海外に移動したぶんだけ、減少するという意味だ。経常収支が所得-内需であるから、経常収支は悪い黒字が加速する事になる。さらに悪化すれば所得が内需よりも減少し、とどめ打ちの経常収支赤字となり、米国の内需拡大による良い赤字と真逆となる。

関連記事

[ 2019年06月28日 09:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
今後20年間は韓国から企業が逃げる
かつての日本がそうだった様に、今後20年間は韓国内からドンドンと大企業、中小企業に拘わらず人件費の安い東南アジアへ逃げて行く。
文大統領が韓国にトドメの賃上げを行った事により全てが終わった。
[ 2019/06/29 06:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp