韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本では高齢者の間でマンション購入が人気

日本では高齢者の間でマンション購入が人気

2019年6月24日、央視財経は、日本では高齢者の間でマンション購入が人気になっていると伝えた。 記事は、「価格の影響が少ない硬直的需要からしても、ローンの年齢制限からしても、若者から中年層がマイホーム購入の主力だが、日本では生活の便利さやリスクヘッジ、付加価値などの需要で、高齢者がマンション購入の主力になりつつある」と紹介した。

一例として記事は、東京都内のマンション販売説明会には多くの高齢者が訪れたと説明。広さ60~100平方メートルの部屋が販売されており、平均すると1平方メートル当たり121万円で、東京の新築マンションの平均価格より高めだと伝えた。

訪れていた高齢者からは「町の中心部に住めば、買い物や病院へ行くのも便利だし、さまざまな生活施設も近くにある」「新築は設備もいいし、地震が来ても倒壊の心配がなくていい」などの声があるという。記事は、「最寄りの駅まで徒歩1分という近さが、このマンションの高齢者に対する最大のセールスポイントだ。交通が便利だと値崩れしにくく、安定した財産となる」と紹介した。

スポンサードリンク
記事は、2018年の東京の新築住宅価格は1990年以来の高値となっており、消費者の心理的価格設定を上回っているため、需要が停滞していると指摘。こうした中で、高齢者が市場の新たな成長ポイントになるかもしれず、部屋の設計から周辺施設まで、高齢者のニーズに合わせたマンションが増えており、東京の不動産開発の方向性にも影響を与えていると結んだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-06-29-k001.jpg

高齢者とはいえ貧富の差は大きいわけで、60歳定年で、年金受給した人にとっては、マンション資産と言うのは人気が高い様だ。また都心の住宅を売って、少し離れた場所で家を新築するケースが今までだったが、都心の住宅を売って、マンションを購入するケースも多い。住宅よりはマンションのほうが、部屋を良い状態に長期間維持できるという側面があるのも事実。次第にマンションも高齢化社会と向き合った、建築が増加しそうだ。

関連記事

[ 2019年06月29日 08:53 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp