韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  北京の遠隔操作手術ロボット、浙江省と山東省の患者を同時に外科手術

北京の遠隔操作手術ロボット、浙江省と山東省の患者を同時に外科手術

北京積水潭病院の田偉(ティエン・ウェイ)院長は同病院で27日、遠隔操作システム制御プラットフォームを使い浙江省嘉興市第二病院及び山東省煙台市煙台山病院と同時に連結し、世界初となる整形外科手術ロボットマルチセンター5G遠隔操作手術に成功した。北京日報が伝えた。

同日9時頃、田氏がパソコンの前で「確定」ボタンをクリックすると、遠く離れた2つの病院の2台の整形外科ロボットがアームを動かし手術を開始した。世界初の整形外科手術ロボットマルチセンター5G遠隔操作手術が正式に始まった。この世界初となる手術は、中国電信(チャイナ・テレコム)5Gネットワーク及び華為(ファーウェイ)の通信技術サポートを受けた。

また、整形外科手術をAI・5G技術と革新的に組み合わせ、同時に「一対複数リアルタイム手術」を行った。同手術では田氏が嘉興及び煙台の手術室の医師を同時に指導し、患者の手術を行った。

スポンサードリンク
2人はいずれも脊椎骨折の患者だった。9時15分、嘉興の腰椎骨折患者は1本目となる椎弓ガイド針を植え込まれ、それに沿うようにして1本目のボルトが正確に打ち込まれた。手術中、信号伝送がスムーズで、長距離離れていることにより信号が途絶え、処理が遅れ、反応が鈍くなるといった状況は生じなかった。5Gネットワークの高速、大連結、低遅延という典型的な特長が、今回の遠隔手術で十分に示された。
https://www.recordchina.co.jp/

「手術ロボット」。アメリカのインテュイティブ・サージカルの「ダ・ヴィンチ」が現在、世界のトップシェアを占めている。ところが来年2019年に大部分の技術の特許が切れる。他社にとっては手術ロボットのシェアを奪取する大きなチャンスが到来する。外科医にとってロボットは内視鏡手術を支援してくれる良き“相棒”となる。「ダ・ヴィンチ」の世界生産台数の前年同期比の伸び率は、2016年の第1四半期以来、12~18%の2ケタ成長を続けている。直近の2018年第2四半期(4~6月)は18%で、2017年第1四半期以来の大幅な伸びとなっている。

手術ロボットは日本でも急速に普及が進んでいるが、導入機種のほとんどは「ダ・ヴィンチ」。全世界で4500台以上納入されたうち約300台が日本の病院に設置されている。台数ではアメリカに次ぐ第2位。中国の今回のロボットは米国製なのか日本製なのかは不明。

関連記事

[ 2019年06月30日 08:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp