韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  イランに撃墜された米グローバルホーク、対岸の火事で済まない韓国軍

イランに撃墜された米グローバルホーク、対岸の火事で済まない韓国軍

イランが今月20日、ホルムズ海峡付近で米国の戦略無人偵察機「グローバルホーク」(海上監視型はトライトン)を撃墜するのに使用したミサイルは、イラン製の「ホルダード(Khordad)3」地対空ミサイルだと分かった。

問題は、イランが北朝鮮と核・ミサイルや潜水艦など各種の兵器開発分野で緊密に協力してきたという点。イランがグローバルホークを撃墜したのであれば、北朝鮮も同じ迎撃能力を有している可能性が高い。韓国空軍は、今年の夏からグローバルホーク無人偵察機4機を段階的に配備し、北朝鮮の核・ミサイル監視などを行う中心的装備として活用する計画だ。

韓国軍当局は、北朝鮮の対空ミサイルのうちSA2、SA5、KN06の3種類はグローバルホークを撃墜する能力を備えているとみている。これらのミサイルは最大迎撃高度が2万5000メートル以上あり、高度1万8000メートルを飛行するグローバルホークを撃墜できる。特にSA5は最大射程が250キロに達し、非武装地帯(DMZ)付近からであれば韓国中部を飛行する航空機まで射程に収めることができる。2010年以降配備が進んでいる最新型のKN06ミサイルも脅威だ。

スポンサードリンク
KN06は「北朝鮮版パトリオット」、「北朝鮮版S300」と呼ばれる。中国がロシア製のS300地対空ミサイルを改良して作ったHQ9を北朝鮮が模倣し、開発したといわれている。HQ9の最大射程はおよそ120-130キロ、最大迎撃高度は2万5000-3万メートルに達する。
http://www.chosunonline.com/

2013-12-17-kim.jpg

北朝鮮が現実配備できているかは不明だが、統一妄想の韓国は、北朝鮮が秘密裏に進めてきた軍事行動を、逆に瀬取りで補填し、いつ制圧されてもおかしくは無い状況下にあると考えれば、今の韓国軍では心もとない。整備不良の軍備が多数では太刀打ちできない。まして北朝鮮は地上戦の持久力は強い。空から攻めておいて、主力は地上戦となる。だが、韓国は北朝鮮の地形で洗車は使えない。北朝鮮は莫大なスパイを韓国に忍ばせていると考えれば、大統領府の制圧には時間はかからないだろう。

空ばかりに気を取られていると、大統領府などあっという間に制圧され、命令系統は遮断され、いとも簡単に、韓国は北朝鮮の制圧に落ちることになる。

関連記事

[ 2019年06月30日 08:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp