韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ファーウェイのスマホを分解してみた!…部品の半分以上が日本製

ファーウェイのスマホを分解してみた!…部品の半分以上が日本製

2019年6月29日、新浪科技は、華為(ファーウェイ)のスマートフォンP30 Proを分解してみたところ、部品の半分以上が日本製だったと伝えた。 記事は、「日本の研究機構がファーウェイのP30 Proを分解してみたところ、部品は全部で1631個あり、このうち米国企業が提供する部品はわずか15個で0.9%を占めるに過ぎず、コスト面では16.3%を占めた」と紹介した。

一方、日本企業が提供する部品は869個で最も多く53.2%を占め、コスト面では23%を占めた。中国企業は80個の部品を提供しており、コスト面では最も多い38.1%を占めたという。 これに対し、中国のネットユーザーから「個数は少なくてもコストに占める割合が高いということは、ハイテクの付加価値部品ということじゃないか」「でも最も重要なOSは米国製」「この0.9%の部品がなくても使えるのかと問いたい」などのコメントが寄せられた。

また、日本製の部品が多かったことについて「ファーウェイのスマホだけではない。医療機器も機械も高速鉄道も日本の部品が大きな部分を占めている」「愛国者たちは、次に日中関係が緊張した時にボイコットするのを忘れないように」などの意見があった。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
Huawei P30 Proに使われている部品のうち、日本製はコスト面で23%、部品個数では53%。つまりP30 Proの部品は半分以上が日本製だ。P30 Proに使われている日本の供給元はカメラ周りはソニー。旭化成や京セラ、村田製作所、ヒロセ電機、TDKなど多数となる。

2017年にファーウェイの製品はMade in Japanと言えるくらい、日本製部品の搭載が増えているとファーウェイ・コンシューマ部門の余承東CEOは語っている。当時、ファーウェイ製品に搭載される新しいテクノロジーのかなりの部分は、日本からきており、カメラセンサーはソニー製、液晶パネルはJDI製。時計などのスマートデバイスの中にも、日本の部品が多く使われている。Made in Japanと言えるくらい、日本の部品の搭載が増えていると伝えている。

複数のカメラ搭載で話題となったHuawei P30 Pro。今だ中身の5割は日本部品が占めるわけで、ファーウェイへの部品供給が可能となりホッとしているのではないだろうか…。まだまだスマホには日本部品が多数使われているわけで、日本の中小企業の強さがうかがえる。スマホのコスト面で23%と言う数値は微妙だが…。

関連記事

[ 2019年07月01日 09:08 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp