韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「華為制裁の10倍」の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか

「華為制裁の10倍」の衝撃、韓国政府は日本の報復に備えているのか

大阪での主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が終わった翌日、日本政府は半導体・テレビ・スマートフォンなどの製造に欠かせない3つの先端材料の韓国向け輸出を規制することにしたと産経新聞が報じた。

日本政府はこれまで、これら3品目を輸出する際の手続きを大幅に簡素化する「ホワイト国」(優遇国)27カ国に韓国を入れていたが、今月4日から韓国を外す制裁方針を正式発表する予定だという。強制徴用賠償判決や慰安婦財団解散などが重なり、感情的な溝を深めてきた韓日関係が、ついに一触即発となりかねない局面に至っている。

半導体ウェハーを思い通りの形状に削り、ディスクに細かい回路を描くのに使われるエッチングガス(高純度フッ化水素)とレジスト(感光剤)、スマートフォンやテレビのディスプレイ工程に使われるフッ素ポリイミドは、日本が世界市場の70-90%を生産している。半導体は昨年の韓国の全輸出の約20%を占め、サムスンのスマートフォンは現在、世界シェア1位。世界市場で販売されているテレビ の2台に1台はサムスンかLGのテレビだ。

スポンサードリンク
もし日本がこの3つのハイテク素材の輸出を遅延または中止すれば、韓国経済は壊滅的な損失が避けられなくなる。米中のはざまで揺れた「ファーウェイ(華為技術、Huawei)制裁問題」で、韓国企業は打撃を受けることになるかもしれないと心配していたが、今度はそれ以上の大きな問題が日本で起こりつつある。日本の規制が現実のものとなれば、韓国経済が受ける打撃はファーウェイ制裁問題の場合の10倍になると言われている。
http://www.chosunonline.com/

2019-06-20-k002.jpg

朝鮮日報は、韓国の文在寅大統領が6月29日に、G20首脳会議での日程を終えて大阪から韓国へ戻る際、日本の随行団は見送りに来なかったことが分かったとし、南官杓駐日韓国大使夫妻や呉泰奎駐大阪韓国総領事夫妻など、韓国の関係者だけがやって来て文大統領を見送ったと報じている。

これから韓国に対し、日本の貿易制裁がはじまろうとしているわけで、G20での帰国で文大統領を見送るわけはない。韓国半導体企業の革新的な部分と言えるフッ化水素をはじめとし、日本の貿易制裁は、中国が韓国に仕掛けたTHAAD制裁よりも大きい。

関連記事

[ 2019年07月01日 09:23 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
祭りの後のほうがいい
もちろん、祭りの前より、祭りの後のほうがいい。

G20の安倍-文在寅は8秒間、
前段の外相面談は相変わらず平行線。
前々から、(民間の)企業同士の問題というスタンス、

文在寅政権は国が扱う問題ではないようだし、
サムスン、ハイニックスの幹部が日本へ
乗り込んでくる気配もない。
こちらは脱韓国、向こうは脱日本で準備済み。
[ 2019/07/01 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp