韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  史上初の板門店での米朝首脳会談で「脇役」に徹した文大統領

史上初の板門店での米朝首脳会談で「脇役」に徹した文大統領

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、米国のトランプ大統領と首脳会談を行い、その後共に南北軍事境界線のある板門店を訪れた。板門店では、平壌から来訪した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長、トランプ大統領と3人で8分ほど言葉を交わした。しかしトランプ大統領が米国の現職大統領として初めて北朝鮮の地を踏むときは、一歩退いて様子を見守った。本格的な非核化交渉はトランプ大統領と金委員長の2人で行われた。板門店の韓国側施設「自由の家」で、トランプ大統領と金委員長が53分間にわたり会談した際、文大統領は別の部屋で待機していた。

今回板門店で行われた米朝首脳会談での文大統領の役割をめぐっては、評価が分かれている。一部では「トランプ大統領を粘り強く説得し、ハノイでの会談失敗以降全く進展のなかった米朝非核化交渉を再開させるきっかけをつくった」と肯定的な評価が聞かれる。一方で「韓国の地で世界的な外交イベントが開催されたのに、肝心のわが大統領は周囲で見ているだけだった」と残念がる声もある。「文大統領が、非核化交渉の主導権を握っている米朝の間で実質的な進展を引き出すのであれば、結果的に今日の『助演』が主演2人より輝きを放つだろう」という指摘も出ている。

スポンサードリンク
文大統領は韓米首脳会談の後の共同記者会見で、今日の板門店での会合の当事者は米国と北朝鮮になるだろうと述べていた。文大統領は「私も今日、板門店に招待されている。しかし、今日の中心は北朝鮮と米国間の対話だ」と明らかにした。また、南北対話の可能性に関しては「今日は朝・米間の対話に集中するようにし、南北間の対話は次の機会に計画されるだろう」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

2019-06-30-k003.jpg

米朝首脳会談に文大統領は必要がないわけで、邪魔でしかない。文氏の仲介役は評価に値しない。朝鮮日報は様々な事を掲載しているが、金正恩はトランプ大統領との直接交渉しか望んでいない。問題はこの二人の思惑にある。前回は安倍首相のアドバイスもあり、決裂に見させた部分も多々ある。だが金正恩は意外と明るい表情でベトナムを後にしたわけで、二人の詳細な会話は解らない。

トランプ氏は、北朝鮮の非核化には時間がかかることを明言しているわけで、非核化を実施できるかどうかは、腹の探り合い的な部分も多々ある。現に米国では非核化は無理としている。普通に考えれば、米国から身を守る核であるわけで、先に核を発射すれば、北朝鮮は滅ぶと考えれば、あくまで防衛手段でしかない。トランプ大統領とは革新的な部分を話しているわけで、そこに文大統領は存在しない。また日朝首脳会談についても言及していたわけで、非核化と言うよりは、日本と米国が身を守るための条件を金正恩に提示しているともいえる。トランプ氏の思惑は、いずれ少しづつ報じられるのではないか…。

関連記事

[ 2019年07月01日 09:40 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
非核化は、もう言葉だけでしょう。
そもそも、物理的に、トランプの在任中には不可能だし。
 
残念ながら、トランプは選挙しかみていない。



[ 2019/07/01 09:55 ] [ 編集 ]
米中の競合状態
トランプと文在寅の違いは、北朝鮮の経済振興に
興味があるか、ないか。
トランプが急いで北へ出向いたのは、習近平が
北朝鮮へ行って経済の話をしたから。

いずれ、北朝鮮は米中の草刈り場になる。
そのとき韓国は部分的なお手伝いに利用される。
[ 2019/07/01 10:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp