韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国がレアアース輸出規制を示唆、オーストラリアは市場の空白を埋められるか

中国がレアアース輸出規制を示唆、オーストラリアは市場の空白を埋められるか

星島環球網は2019年6月30日付で、シンガポール紙ストレーツ・タイムズが23日、「中国がレアアース輸出規制を示唆、オーストラリアは市場の空白を埋められるか」とする記事を掲載したことを紹介した。以下はその概要。

米国との貿易戦争の一環として、中国がレアアース(希土類)の輸出規制を示唆すると、世界第2の生産量のオーストラリアがその空白を埋められるかどうかにスポットライトが当たっている。 中国は長い間、世界のレアアース市場を支配し、昨年は世界生産量の7割以上を占めた。レアアースは、地中に低濃度で存在する17種類の元素の総称で、スマートフォンやカメラなどの家電から、飛行機や無人機などに至る幅広い製品に使われる。

中国の当局とメディアは最近数週間、レアアースの輸出規制を示唆している。これは、米国による中国からの輸入品に対する追加関税と中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の禁輸リスト入りに対する報復とみなされている。中国の国家発展改革委員会は先週、レアアースの輸出規制を検討していることを認めた。

スポンサードリンク
中国の脅迫は、レアアース資源が豊富な他の国、特に世界の供給の約12%を占めるオーストラリアが供給を増やすことができるかどうかについて疑問を投げ掛けている。オーストラリアは世界で6番目に多い保有量で知られており、多くが未開発のままだ。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-07-02-k001.jpg
マウント・ウェルド鉱山に完成したレアアース選鉱プラント

オーストラリアのレアアース生産大手ライナスが先月27日、石油天然ガス・金属鉱物資源機構が双日と設立した特別目的会社ジャパン・オーストラリア・レアアースズに対する負債1億4,690万米ドル(約158億円)の返済期限を10年延長することで、JAREと合意した。同合意では、日本へのレアアースの優先供給期間も13年延長される。ライナスのJAREに対する負債について、返済期限を10年延長の2030年とするほか、金利を3.75%から2.5%に引き下げ、利息の支払いを一部延期する。また、ライナスによる日本へのレアアースの優先供給量をこれまでの約2倍の年間7,200トンとし、期間も13年延長の2038年までとする。

これによりライナスは、今後5年間の成長計画に必要とされる資金5億豪ドルを自己資金で賄える見込みだ。

関連記事

[ 2019年07月02日 08:27 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp