韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北漁船亡命で過敏に? 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認し戦闘機発進

北漁船亡命で過敏に? 韓国軍が鳥の群れを飛行体と誤認し戦闘機発進

1日午後、韓国空軍が江原道の非武装地帯周辺で鳥の群れを正体不明の飛行物体と誤認し、戦闘機を出動させていたことが分かった。韓国軍の合同参謀本部は、同日午後1時ごろ江原道中部戦線の非武装地帯(DMZ)で正体不明の航跡がレーダーに捕捉され、調査の結果、鳥の群れと確認されたと説明した。

韓国軍はこの日、KF16戦闘機まで発進させたが、パイロットが肉眼で鳥の群れであることを確認した。韓国軍当局は先月、北朝鮮の漁船が韓国海軍や海洋警察の監視網をかいくぐって韓国東海岸の港に入港した事件をめぐり、監視体制や会見内容が不十分だとして世論の批判を浴びた。そのことを意識したのか、今回は未詳の航跡が捕捉された時点でメディアに公表するという異例の対応を取った。

合同参謀本部は、軍のレーダーに捕捉された航跡が、9.19南北軍事合意に基づく北朝鮮側の飛行禁止区域より南の上空で確認されたと説明した。

スポンサードリンク
昨年11月から施行されている軍事合意では、軍事境界線(MDL)から10-40キロ以内での航空機の飛行を禁じている。そのため、この未詳の航跡が北朝鮮の飛行物体や無人機であれば、軍事合意違反に該当する可能性があった。しかし、軍当局が分析した結果、飛行物体は鳥の群れ約20羽と確認された。軍のレーダーが捉えた航跡は、高度1万5000フィート(約4.5キロ)上空だった。軍当局は当初、この物体が飛行体なのか、無人機なのか、鳥の群れなのか判別できず、ヘリコプターと戦闘機を出動させて対応に当たったという。
http://www.chosunonline.com/

既存のレーダー技術では低空・低速で飛行する小さな物体を探知することは難しいとされている。それを利用したのが鳥型ドローンだ。DOVEドローンと呼ばれる動きは本物の鳩に非常に似ており、最も精度の高いレーダーにも探知されず飛行できる可能性があるとしている。鳥型ドローンが鳥と同じ動きをしながら、本物の鳥の群れに混じって飛行している場合、ホログラフィック・レーダーでも探知できる保証はないという。

鳥型ドローンは「マイクロ航空機」や「オーニソプター」と呼ばれる分野の研究テーマとなっており、中国だけでなく世界中の企業、大学、研究機関が開発を競っている。また海洋レーダは数キロメートル前後である。これを利用して鳥の検出を行うことを目的として開発が進められている。そして最近、鳥検出を目的とした鳥レーダが世界のいくつかの空港で利用され始めている。韓国は鳥を検知したというのが事実ならば素晴らしいが、飛行物体を見逃したとなれば問題は大きい…。

関連記事

[ 2019年07月02日 09:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp