韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  J-20戦闘機はF-35戦闘機を一撃で仕留められる

J-20戦闘機はF-35戦闘機を一撃で仕留められる

2019年7月1日、新浪軍事は、4年後に200機配備を実現する中国のJ-20ステルス戦闘機の目標はF-22であり、現在日本や韓国が保有するF-35は一撃で大ダメージを与えられるとする文章を掲載した。

記事は、J-20が現在すでに50機近く生産されており、量産体制を整えつつあると紹介。中国空軍は4年後、J-20の使用を開始してアジア太平洋地域の天空を牛耳ることになるはずだとした。

そして、現在の状況を考えると、中国は年内にJ-20に初歩的な戦闘力を付与する可能性が高く、空中戦力において日韓の風上に立つだろうとした。

一方で、もちろんその状況に米国が黙っているはずはなく、F-22の生産再開や禁輸解除に踏み切るだろうと予測。2~3年後にはF-22がアジア太平洋、中国周辺地域に配備されることになるだろうとしたほか、将来的には「世界初のステルス機同士による空中戦が行われる可能性があると論じた。

スポンサードリンク
そのうえで、中国は来年になれば4本あるJ-20の生産ラインを用いて全力で生産し、2020年には毎年最低36機を生産することになり、中国空軍は完成したJ-20をすぐに就役させて大きな戦力とすることだろうと予測している。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-06-22-k001.jpg

アジア圏も中国の思惑もあり、また北朝鮮の核保有もあり、次第に戦争と言う厄介な状況下が生まれつつある。歴史は繰り返される一方で、政治外交は続いているわけで、そのレベルはピークを過ぎて、米国の様に自国防衛と言いつつ、軍備が拡大しているのも事実。ひとたび戦争になれば、大変な事となる。軍備だけが独り歩きし、性能も上昇し、強引な貿易摩擦で、大国中心に争いはとどまるところを知らないという人間の欲望が増しつつある。限られた資源の奪い合いが始まる。

関連記事

[ 2019年07月03日 08:28 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp