韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「やはり日本は怖い」…韓国が輸入多角化できない素材を狙い撃ち

「やはり日本は怖い」…韓国が輸入多角化できない素材を狙い撃ち

日本政府が半導体材料の韓国向け輸出規制を強化するというニュースが先月30日に報じられると、韓国の半導体・ディスプレイ業界では「やはり日本は怖い」という言葉が飛び交った。規制という事実よりも、対象とされた材料3種があまりにも手痛かったからだ。日本への依存度が高いだけでなく、すぐに台湾や中国、韓国企業などに輸入先・仕入れ先を変更しにくい材料で、しかも、国産化も最も難しい。

例えば、半導体回路を描画する材料であるレジスト(感光剤)は日本の住友と信越が世界市場を掌握している。韓国でも錦湖石油化学、東進セミケム、トンウ・ファインケムなどのメーカーがある。問題は、国産レジストは品質水準が低く、10ナノ級以下の超微細工程では描画できないことだ。半導体業界では「日本と同水準のレジストを作るには、韓国企業は『ゼロ』から研究開発(R&D)をあらためて始めなければならない」と語った。

「日本政府は数百種の半導体・ディスプレイ材料をすべて検討し、慎重に3種を選び出した」というのが、韓国半導体業界関係者の見方だ。

スポンサードリンク
少なくとも6カ月以上は政府と専門家集団が韓国の半導体の脆弱(ぜいじゃく)性を検討して準備を勧めてきたと思われる。例えば、フッ化水素(エッチングガス)は吸入しただけでも神経組織に損傷を来す猛毒物質で、保管・管理が難しいため、1カ月分以上の在庫を抱えるのは事実上不可能だ。サムスン電子やSKハイニックスが一度に数カ月分在庫を抱えられない、日本の今回の「90日間輸出許可規制」を避けられない材料だ。
http://www.chosunonline.com/

2019-03-13-k001.jpg

そもそも日韓貿易で日本が2兆円の黒字となる背景が、これらの半導体材料であり、特許でも囲っているだろう。日本の付加価値部分でもあるわけで、さらに半導体製造装置に検査装置も日本の独壇場となる。最近では半導体製造装置は次第に他国でも力をつけている。それらを設置しての、製造を韓国企業が実施している。日本から韓国が必要なもの輸出し、韓国で製造したものが中国に輸出され、中国で製品となって、米国などに輸出される構図であるから、いつまでもこの構図は崩れない。

その核心部分の半導体材料となるフッ化水素(エッチングガス)は吸入しただけでも神経組織に損傷を来す猛毒物質で、保管・管理が難しいため、1カ月分以上の在庫を抱えるのは事実上不可能と掲載しているが、それを保管管理できる倉庫を持つことが技術でもあるわけで、それを実施してこなかったこと自体が問題。詳細な保管方法が決められており、日本の技術者を採用し管理を実施してきたのだろう。一カ月保管できるのだから、三カ月保管できないことは無い。要は設備と人の問題だけである。

関連記事

[ 2019年07月03日 16:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
まだまだ何も報復などしてません。単純にホワイト国の指定を外しただけで、このヘタレ様はなんですか!やはり、この国は日本を日本人をあまりに舐め切っているとしか思えません。朝鮮人にはやはり中国に習って物理的に思い知らせるのが正しいやり方ですね。残念ながら!完膚無きまでにボコボコに叩きまくり、どちらが上であるかを思い知らせてやるのが、正しい対処方法ですね!
[ 2019/07/03 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp